ゆきこの部屋

宝塚やミュージカル、古典文学など好きなものについて語るところ。

星組『マノン』感想

星組公演

kageki.hankyu.co.jp

ミュージカル・ロマン『マノン』
原作/アベ・プレヴォ
脚本・演出/中村暁

いつの話しているの?という感じですよね。自分でもそう思います。
バウホールライブ配信しか見ていないのですが、いつの間にかKAAT公演まで終わっていて、自分でも驚いています。
手元にメモは残っていたものの、記事にするまでの情熱をあまり作品からもらえなかったということですかね。
そもそも再演するにしたって、なんでこの話を選んだの?というところからあんまりよくわかっていなくて。
愛ちゃん(愛月ひかる)の『不滅の棘』は再演だったけれども、映像でしか見たことがないけれども、とても感動したのに対して、こちらはなかなか感想記事を書くにまで至らなかったというのが本音でしょうか。
原作は有名ですが、未読。話の内容はなんとなく知っています。
まあ月組の『舞音』もあったからかな。あれも絶賛!という感じではないのですが、まあ景子先生の作品だと思ってみれば、なんとかというところですかね。
再演にしても、もっと他にいい脚本があったでしょうに。
もっとも最初はレスコーに振り回されていたロドリゴが、最終的にはレスコーを振り回す側に立場が逆転するのはおもしろいと思っています。しかしそれにしてももっと書きようがあるでしょう。

出会ってすぐにロドリゴとマノンは恋に落ちる。まあ、それはいい。
けれども、なんか薄っぺらいんですよね。情熱だけが先走りすぎていて、言葉が足りないというか。
脚本に台詞がなりないのはA先生の悪いくせだと思うのですが、今回はそれをとても感じてしまって、ライブ配信だったこともあり勢いにもっていかれる、ということもなく、ただ淡々と話が進んでいっただけのように思います。
愛ちゃんはよく似合う衣装が多かった一方(苦悩に満ちた顔も最高だったな、愛ちゃん)、くらっち(有沙瞳)のドレスが、ことごとく微妙だったのも残念でした。
一番似合っていたのはラストの囚人服だと思います。
私のツイッターのタイムラインでは、あの囚人服の場面について「一番似合っている」という意見はおおむね一致していたのですが、「とうとうマノンは改心したのね、清貧な美しさが際立つ……っ!」という意見と「言うて、またお金があったらどうせ贅沢はやめられないんだろう!」という意見にわかれていて、なるほどおもしろいと思いました。
個人的には後者です。贅沢は骨の髄までやってくる。そう簡単にやめられるわけがない。

プロローグのフラメンコはなかなかによかったのですが、例の「未来なんて君にやる。だから今を僕にくれ!」みたいな有名な台詞も私には全然刺さらなかったんですよね。
使われる場面も、ん?だったし、なんなら意味もちょっとよくわからないな、と。
なんならものすごく自分勝手な言葉に思えてしまって、ときめくどころではなかったな。

マノンの兄・レスコーのかのんちゃん(天飛華音)はよかったですが、『エルベ』のヨーニーや『食聖』の新人公演主演を務めたからにはこれくらいはできるでしょう、という感じでした。
良い意味でも悪い意味でも期待通りというところかな。華のあるスターさんなので、これからまだ貪欲に頑張って欲しいです。
ただ、思ったよりも出番があって、後半はあれだけ舞台に居続けているのに、テンションを落とさないのは新しい発見でした。
「カジノの女神」の曲が作品の中で1番好きだったかな。

レスコーの恋人・エレーナの水乃ゆりちゃんはそろそろ限界なのかな……と思ってしまいました。
今までたくさんお役をもらって、チャンスをもらっているのに、いかんせん、芝居がうまくならないなという印象です。
歌が多少アレでも(『食聖』の新人公演の配役は正しかったのか?)、芝居はできないと個人的にはツライ。まあ今回は役として居所がなかったのもあるでしょう。蓮っ葉な感じが中途半端なのは脚本の問題でしょうし。とはいえね。
久しぶりに『龍の宮物語』も見たのですが、あれだけ清彦にべたべたしていたのに、白川さんの前では「特定の書生一人と特別なんて、考えられません」と言うようなことを言う。
あれも最初に見たときは、なんやねん!と思ったけれども、今思えば、令嬢が書生ごときと恋なんて……という世間体もあったのかもしれません。ただゆりちゃんの演技からいまいち私がうけとれなかっただけで。
華があり、すらっと身長も高いスターさんで、踊りはすばらしいと思うのですが、これから星組には詩ちづるちゃんも来ますし、どうなることやら。

あかさん(綺城ひか理)のミゲルは2番手というわりには役不足と感じてしまいましたが、ロドリゴをとめられない歌は絶品でしたし、上手に演じていたと思います。フィナーレがあってよかった!と心底思いましたよ。
同じく良かったのはアルフォンゾ公爵。朝水りょう、すばらしかったな~!
なんなら一番肩入れしたくなるキャラクターですよね。
ロドリゴと兄妹をぎゃふんと言わせたい気持ちはとてもよくわかる。
公爵を慰めるモブ女になりたい気分です。

そんなわけで『マノン』に関して言えば、私はいい客ではなかったと思います。
だから感想記事を書くのもどうしようかなーと思ったのですが、いい客ではなかった作品として残しておくことにも意味があろうと思い、筆を執りました。
次の大劇場作品も楽しめるかどうか不安ですが、見には行きます。ショーは楽しめるといいなあ。

外部『森 フォレ』感想

外部公演

setagaya-pt.jp

『森 フォレ』
作/ワジディ・ムワワド
翻訳/藤井慎太郎
演出/上村聡史

きっかけは成河が好きな友人が「行きませんか?」と誘ってくれたことでした。
たまたま行ける日にちであったので、とくに公演解説も読まずに「行きます」と返事。
返事をしたあと、どんな話かと公式ホームページを見たのですが、「なるほど、全くわからん」という状態になり……。
しかも4部作の3作品目ということで、1部と2部を見ていなくても大丈夫だろうかと頭を悩ませていたところ、なんと実は夫が見たかった芝居ということが発覚。まさかすぎる。
夫はどうしても仕事の都合でその日は行けず、しかも地元公演は1回しかなく、泣く泣く諦めていたということです。
なんでそういう話をもっと早くにしないんだ、と思いつつ、夫は1部の『炎 アンサンディ』の映画を見たことがあったようです。
芝居でナワルを麻美れいが演じたことを知って、「そりゃ見たかった」と感慨深く煙草のけむりをふかしておりました。
長年一緒に暮らしていても、案外知らないことは多いものです。

一緒に暮らしていてもわからないこと、知らないことがたくさんある。
いわんや血がつながっているだけで、一緒に暮らしていない親子同士がどうして互いについて多くを知ることができようか。
そういうことを感じました。
親に愛されなかった子供たちの物語といったところでしょうか。
別に愛してくれるのは血のつながった本当の親でなくてもいいと思うけれども、それは私が令和の時代を生きているからそう思えるのであって、かつてはそう思うことが容易でなかったことも想像がつきます。
子供の頃に愛されなかったという欠陥は、大人になってから別の誰かに愛されたとしても、なかなか乗り越えきれないところがあるのもわかるような気がします。

ルー(瀧本美織)は20歳とは思えない幼さで、今までどうやって生活してきたの?!と驚きますが、ルーの祖母であるリュス(麻美れい)も驚くほど幼い。
母はもう死んだとずっと前に聞かされたはずなのに、まだ母親が迎えに来てくれることを信じているよう。
そう考えると、冒頭に出て来たルーの母・エメ(栗田桃子)もどこか幼かったような気がしてきます。
3人とも母親に愛された記憶のない娘たちなんですよね。だからこの物語は女でないと成立しない物語。
女の産む力ってすごいのね……と改めて思いました。『1789』のソレイユの楽曲「世界を我が手に」を思い出しました。
一緒に暮らすことが愛することと必ずしも一致するわけではないけれども、そもそも一緒にも暮らしていなかったんですよね。
私自身は母親に愛された記憶はあるけれども、ちょっと歪んでいたかな、いわゆる毒親に近いものを感じていますし、もちろんそうならざるを得なかったクソな父親の存在もわかるのですが、今はもう自分が愛する夫を見つけたので、わりと心は平穏です。
だからといって子供時代をなかったことにはできないのですけれどもね。

8代にわたる大叙事詩
3時間40分はさすがにお尻が痛くて……(笑)。あんまりいい椅子でもなかったのがよくなかったです。
クッション性もそうですし、あとは椅子自体が低いというのがつらかった。
劇場自体は寒くなかったので、羽織りをお尻にしいていたくらいですが、焼け石に水程度でした。
この年にしては足腰弱すぎるのが難です。ジム通いとかしないといけないかな、やっぱり……。
エレベーターもエスカレーターもない職場だから、日々鍛えている方だとは思っているのですが、ダメのようです。

私が一番印象に残ったのは「家族」というものの考え方が男女で違うということです。
アレクサンドル(大鷹明良)は血がつながっているからアルベール(岡本健一)を可愛がるし、アルベールは血がつながっていないからエレーヌ(岡本玲)を恋人のように扱う。
でもサラ(前田亜季)は自分とも血がつながってはいるけれども、何よりも愛するサミュエル(岡本健一)の子だからリュスを可愛がるし、リュディヴィーヌ(松岡依都美)はサラの子だからリュスのを可愛がるし、リュスも孫としてというよりは一人の人間としてルーと対峙する。
男たちが血縁関係や体のつながりを大事にしているのに対して、女たちは約束や絆を大切にしている。
女は他人を無条件で信じられるけれども、男は何かがないと他人を信じられない。
この違いは本当におもしろい。
男にとって、自分が愛する女が生んだ子が本当に自分の子であるかどうか、確かめる術はない。
検査をすることはできるけれども、基本的には、相手の女を信じるよりほかに仕方がない。
だから血のつながりをことさら意識するのでしょう。
一方女は、相手がだれであれ、生まれてくる子供は間違いなく自分の子であり、自分が苦しんで、命を懸けて産んだ子どもである。血のつながりをはじめから問題にしない。
円地文子の小説『女面』にも似たようなことが出てきます。
主人公の女性は、愛する男ではない、別の男のもとに嫁ぐことになる。
そして最初に生まれて来た子供は愛する男の子供であり、「結婚相手への最大の復讐は自分の子供でない子供を、自分の子供だと思い込ませて暮らすことである」というようなことが語られます。
漫画『はいからさんが通る』の冬星さんのお父さんは自分の子供でないと知ったうえで可愛がりましたが、それでは復讐にはならないということなんですね。
あな、おそろしや。おすすめです。ぜひ多くの人に読んで欲しい小説です。
全ての男は女から生まれてくる。そう思うと、もっと女を大切にしろよな?と石をぶつけたくなるような人間は現実世界にたくさんいますね。

有り体な言い方になってしまいますが、リュヴィディーヌはサラのことを愛していたのだろう、と思いました。
インターセクシャル、つまり両性具有であることは語られていますが、性的指向については触れられていなかった気がします。
気がするけれども、サラの子を思うリュヴィディーヌは、やはりサラを愛していたのだと思います。
このあたりは漫画『セーラームーン』のはるかさんとみちるさん、あるいはドラマ『ラスト・フレンズ』の岸本瑠可(上野樹里)、藍田美知留(長澤まさみ)の関係を思い出させました。
先に無料配布していた人物関係図を見ていたので、1幕でリュスが母親の名前を「リュヴィディーヌ」と言ったとき、おやそんな小難しい名前だったかな?とも思いましたし、リュスの回想で、サラに会う場面を見たときも、「こりゃこっちが母親だな」と思ったので(前田亜季の演技がすばらしかった)、どこかのタイミングでサラとリュヴィディーヌが入れ替わったことは想像がついたし、レジスタンスなんかやっていれば、そうせざるを得ないこともあるだろうとは思えましたので、3幕は涙涙でしたね。
想像できていなかったら、涙よりも前に驚きが先んじて、泣くことができなかったと思われる。
もっとも、飛行士に預けるときになぜ母親の名前を「サラ」ではなく「リュヴィディーヌ」にしたのかはよくわからなかったのですが。
収容所送りになったサミュエルの子供だから殺される可能性があるのはわかりますが、「サラ」という名前はごくありふれていて、それだけでは判断はできないのではないでしょうか。

リュヴィディーヌのサラの子への愛情をちっとは見習ったらどうだと思うのは諸悪の根源アレクサンドルでしょうか。
お前が! 炭鉱の女と! 子供を作ったのが! そもそもいかんかったのだろう!と。
オデットも最後までアルベールには双子の父は明かしませんでした。
このあたりは、オデットのアレクサンドルへの強い復讐心を感じさせます。好き。
でも復習心だけでは幸せにはなれない。
だからこそアルベールがちゃんとオデットを愛さなければいけなかったのだろうけれども、よりにもよってどうして娘のエレーヌとあんなことになってしまったの……。
あれだけ嫌っていた父親の上着を着たのがいけなかったのでしょう。父親の魂を受け継いでしまったように見えました。
オデットがごく普通にアルベールに愛されていたら、こんな悲劇はなかったでしょうに。
こうなってしまった最初の段階で、オデットが実の父親をアルベールに伝えていたら、また違う展開になっていたかもしれませんが、それはそれで地獄でしかないような気もします。
だからアレクサンドルが諸悪の根源に見えてしまう。

最後にダグラスはルーにプレゼントを渡す。
ダグラスは「僕がもっと若かったら」というし、ルーも「私がもっと年くっていたら」といって、現段階ではお互いが恋愛感情で向き合うことはなさそうですが、でもそれもいいですよね。
男と女だからってくっつく必要はない。もっともこの二人はのちのちくっついてもおかしくなさそうですが。
問題はそのプレゼントで。
赤い上着をプレゼントする。黒い衣装だったルーには映える。「君の好みの色ではないかもしれないけれど」と言って渡される。
でもなー赤は結局血の色で、ダグラスが血のつながりを求めているように見えたのが、ちょっと個人的には難でした。
結局ダグラスも男じゃん……と思ってしまったのです。約束や絆ではつながれないのね……すんすん。
最後に降り注ぐ紙吹雪の色が赤なのは仕方ないのかな……カラフルとかでもいい気がしますが、ダメかな。
作品の中には子供、女性、精神異常者、怪物、両性具有者、とマイノリティや弱者が時の権力者(創建な男性)に虐げられ、一方的に搾取される場面が多く出てくる。
でもそういう人たちにも幸せになる権利はあるわけで。そのメッセージも込めて、多様性でカラフルでもよかったのではないかと思ってしまう。
あまりにも赤が強烈で鮮烈で。産まない自分が責められているような気がしてしまった。
もっともスペイン・ハプスブルク家じゃあるまいし、そんなに近親婚を続けていたら、そりゃ怪物も生まれるだろうし、両性具有者も生まれてくるだろうよ、という感じです。

基本的に成河と瀧本美織以外の役者は何役も兼ねていて、けれども、ちゃんと違いがわかって、演技の上手い人たちの集まりなんだなと感動しました。
やっぱり演技ができる人、芝居が上手な人が好きだな、私。
前から6列目という非常にいい席で観劇できたのもラッキーでした。友人に感謝しかない。
この手の芝居は当て書き脚本ができる宝塚でもなかなかやりにくいだろうけれども、私はこういう話も好きなんだよな。
たった1日だけだったけれども、地元に来てくれてありがとう。できればもう1回見たいかな。

タイトルにある「フォレ」はフランス語で「森」という意味だそうですが、人間関係の入り組みを森と表すだけなら、1部の『炎 アンサンディ』にも言えそうなことです。
私はむしろシェイクスピアの『マクベス』を思い出しました。
マクベスは、「森」が動き、「女から生まれたものではない者」に殺されるという展開が意味深い。
とはいえ、原作者の頭はどうなっているのでしょう。どうやったらこんな物語が思いつくのだろう。心底感心いたします。
1部や2部はどこかでお目にかかれないものだろうか。見てみたい。
とりあえず1部の映画から探してみることにします。

【追記】ラストの赤い紙吹雪は「運命の赤い糸」ということでいかがでしょうか。「生きることが苦しみでも、俺はお前という運命を愛するよ」というところで個人的には落ち着きました。

星組『VERDAD!!』感想

星組公演

kageki.hankyu.co.jp

REY’S Special Show Time『VERDAD(ヴェルダッド)!!』—真実の音—
作・演出/藤井 大介

私はあんまりタカラジェンヌのコンサート形式の出し物は得意な方ではなくて、さらに言えば今回の会場のすぐ近くにあるらしい(こちらもまた興味がなさすぎて実際どれくらい近いのか、行ったこともなく、距離感がわからない)鼠の国も得意ではないので、ライブ配信とはいえ、あまりいい観客ではなかったかなと。
ただ、どうしてもなこ姫を見たくて、ひっとんに会いたくて配信を見たのですが、なんせひたすら目的が舞空瞳だったので「え、せおっちより紹介があとなの?」とか「え、1幕終わりでようやく紹介なの?」とか「え、人魚姫とアナ雪で同じ衣装なの?」とかとにかくそんなことばかりが気になってしまいました。すいません。白いドレスにティアラは最高に可愛かったです。
いや、大きな娘役のせおっち(瀬央ゆりや)もドレス姿が美しかったので、それはそれでよかったのですが、なんていうか、なこ姫が置いてけぼりすぎやしないか?と気になりました。娘役トップスターやで。
それでも琴ちゃん(礼真琴)に愛情ビーム送りまくりななこちゃんはすごいなあ……と、そんなところで感慨深くなってしまった。
どの目線なのか、もはや自分でもまるでわからない。

1幕は宝塚編。衣装はずっと白黒でした。
コンサート形式にしては珍しく、最初に黒燕尾。
円形の舞台にいきなり黒燕尾ってシュールだな、と。
新しくて良かったと思いますが、1幕の最初はやっぱり主題歌でも良かったかなとは思います。
2幕の冒頭で歌われる主題歌、どちらも良い曲でした。だからこそ、せめてどちらかだけでも1幕の冒頭でも良かったのではないかしらん、と思ってしまう。欲張りでごめんね、ダイスケ先生。
ただ、1幕にがっつり宝塚の曲を歌い繋いでくれるのはとても嬉しいのです。
星組88周年おめでとう!私の星組はとうあすが至高なので『アビヤント』はちょっと泣きそうになったし、懐かしい曲がいっぱいで嬉しかったなあ。
聞いていて、とても楽しかった。
みっきー(天寿光希)の『セマニフィーク』も聞けて良かった。やはりあの曲はテンション上がるわ。
なんなら、2幕もずっと宝塚の曲がよいと思っているくらいなのです。
JPOPも韓流も別に詳しくない私は、ずっとミュージカルソングとヅカソングでいいと思っているくらい。過激派だな。
というかヅカファンの皆さんはいつ宝塚以外の曲を聴いているのだろう。私は通勤も宝塚やミュージカルばかりだからな。
ミュージカルならドイツ語でもいいが、JPOPだと日本語でも全くわからんというていたらく。

話外れるけれども、こういう円形だったり、アリーナ形式だったりする箱で宝塚を折角やるなら、レヴュー2幕ものがいいなと常日頃から思っていて。
イメージとしては『パッションダムール』に近いのですが、ショーの1本物を見てみたいのです。
と、いうのも芝居をする劇団は日本にも世界にもたくさんあるけれども、レヴューを今、魅せられる劇団って少ないと思うのです。
宝塚もショー作家が枯渇しているイメージがあって心配なのですが(若手の先生、頑張れ〜!)、大劇場で公演されている『デリシュー』やみりゆきのお披露目公演の『サンテ』、だいきほサヨナラ公演の『シルクロード』は、2幕ものの潜在能力を勝手に感じています。
ヨシマサは軽率にJPOPを使う傾向があるからあまり信用できないとも思いますが、構成は悪くない。おっさん臭のする部分だけ剥ぎ取れば、『キラル』も可能性あるかな、と。何様だよって感じで申し訳ありません。
だから宝塚やミュージカル以外の曲をタカラジェンヌが楽しそうに歌って踊っていても「まあこの人たちにとっては朝飯前だよね」くらいにしか思えなくて。
実際、2幕の娘役ちゃんたちのNiziUという曲も、おちゃのこさいさい感が漂っていましたよね。超余裕。
なこちゃんセンターの曲がこれしかないのも違和感。もっと歌って踊ってよくないですかね?
いや、踊ってはいたけれども。

こういうコンサートにはつきものなのか、コントも相変わらずいらないなあ。
冷めた気持ちになる。
『NZM』のときはだいもんだからなんでもいい!と言っていた友人も、さすがに今回は「いらないわ……」と言っていた。
「セクハラです!」と注意される演出も、「あ、僕たちこれがイケナイコトってわかっていてあえてやっているんで、そこんとこヨロシク!」みたいな軽いノリが見え隠れするし、歌が上手い琴ちゃんに歌が下手な役をやらせる意味もわからないし、あかない5でグリーンが好きだったというのもゴマスリに見えてしまうし、ちょっといろいろ辛かったわけですよ。
私は本当に芸能界に無知で、せおっちのやっていたローラというのが何なのかも実はよくわかっていない。
女優でモデルのローラではないよね?あとはホストのローランドという人くらいしか浮かばない。
何にせよ元ネタがわからなくて、一生懸命演じてくれているのが逆に申し訳なくなるくらいでした。
とにかくせおっちが勢いよく歌い出してセットもはけたから、ようやくこのしょうもないコントが終わったかと思ったら、最後にまた出てくるじゃないですか。『スカピン』の曲で。
え、なにこれ、琴ちゃんが歌上手くなる旅でもしていたの? 全然そんな感じしなかったけれども。
『THE ENTERTAINER』みたいにタップはうまいけれども雰囲気が読めない少年が妖しい魔女からレッスンの先生を紹介されて、洗練されていく、みたいな物語性は、別に最初からなかったよ、ね……?
私が見逃していただけかな。それなら、その方がよっぽどいいんだけど。
なんせコントが始まった瞬間、脳がわかりやすく集中を切ったものだから……いや、寝てはないけれども。見ていたけれども。でもなんだかね。

2幕は夢の国の曲も多くて、さすがに歌詞を聞けば作品くらいはわかるのですが、『アナ雪』の「ありのままの〜♪」や『美女と野獣』のデュエットソングは今まで何度も歌われてきたから、思い入れのあるジェンヌが歌った過去がある人はそちらに意識をもっていかれてしまうし、なこちゃんは『人魚姫』と『アナ雪』の間で着替えてこないし(2回目)、『アナ雪』は何故か2回歌われるしで、何が何だかもうツッコミが追いつかなくて。
「Let It Be」に罪はありませんが、あの日本語歌詞も違和感あるなと思っていて。
「ありのままの姿見せるのよ」「これでいいの自分を好きになって」というのは、自分が恐れていたもう1人の自分、圧倒的な魔力をもった自分を恐れず、避けず、向かい合って受け入れたエルサだからこそいえる言葉であり、怠けの限りを尽くし、努力しない、気遣いしない人間に向けられた言葉ではない。
そこのところを履き違えている人が多いのではないかと疑念のある私にとって、日本語歌詞のこの曲は恐ろしいほど何も響かない。
タカラジェンヌはもちろん努力の人が多いのはわかっているから、そんなこと言うなよと思う人があるのもわかるけれども、なんだかね……。
『アナ雪2』のラストは秀逸だと思っているくらいなんですよ。
脱げた靴を自分で拾いに行くアナは、誰かが靴を履かせてくれることを期待するシンデレラとは違う。幸せは自分の手で掴む。そういうメッセージを受け取ったから。
そもそもみんなそんなありのままの自分でいたいの?
私、ありのままの自分になんぞなったら他者に気遣いできない暴君になる自信しかないから、ちゃんと理性を保っていたいとさえ思うよ。

とはいえ『レミゼ』のジャベールや『オペラ座の怪人』はさすがだと思ったし、基本的にカラオケに来たというコンセプトもいいとは思っているんだよ。
あーちゃん(綺咲愛里)のミュージックサロンはそういう構成だったものね。
だからあとは中身の問題で、コンテンツの流れかな……ダイスケ先生、頼むよ。
今回星組が3チームに分かれたこともあって、こちらのチームの下級生は驚くほどわからなかったのでプログラムを買っておくべきだったー!とは思いました。素敵な下級生ちゃんたちもありがとう。
なこちゃんは大好きでも、私は星担ではないんだなということ思い知った作品でした。
星担の方が楽しかったなら、それでのいいのです。
コンサート形式の作品は、配信より現場の方がやはり楽しいのだろうなあ。

宙組『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』『Délicieux!-甘美なる巴里-』感想

宙組公演

kageki.hankyu.co.jp

Musical『シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-』
~サー・アーサー・コナン・ドイルの著したキャラクターに拠る~
作・演出/生田 大和

タカラヅカ・スペクタキュラー『Délicieux(デリシュー)!-甘美なる巴里-』
作・演出/野口 幸作

あ~! とっても! とっても!! とーっても楽しかったですうううううう!!!!!
劇団宙組ありがとう。やはり私は当て書きオリジナル脚本が好きなんだなということを再認識しました。しみじみ。
幸運にも初日の翌日に観劇できました。幸運すぎるだろ。後からとったチケットなのに。それでこんなに満足しているなんて。ああ、すばらしきかな人生。
もともとあまり通う予定の演目ではなかったのですが、なんとなーくずっと気にはなっていて(今思えばそれもオリジナル脚本だったからでしょう)、月組観劇の興奮が冷めやらないまま、ホームページにちょうどアップされたばかりの生田先生の公演解説を読み、そのままするするーとチケットを追加していました。なんでだよ。
あまりいい席ではなかったのですが、これ、SS席なんかで見た日にゃ、もうその日が私の命日でもいいわ。いや、だめです。もっと見たいもん!
見に行って大正解でしたわ。遠征組ですので、マチソワダブル観劇が基本なのですが、上記の理由でマチネのみ。ソワレも見たかったー! 残念><

とはいえ、やはり当て書きオリジナル脚本っていいですね……。思えば真風さん(真風涼帆)は大劇場のオリジナル脚本は『異人たちのルネサンス』『エルハポン』とありますが、今回のホームズが一番よかったなあ。もう群を抜いてよかったわ。
個人的には前の2つがいまいちだったので、今回は楽しく観劇できてよかったです。いや、もう本当に。

もっとも原点のホームズは自分のことを「名もなきヒーロー」とは、絶対に言わないだろうなとは思うのですが、でも真風ホームならそれが許されるし、言いそうだし、言ってもらいたいのでしょう、生田先生が(笑)。本当に心が乙女なんだからもう、この人は……。
ディープなシャーロキアンにとっては、ラストの台詞が賛否大きく分かれそうだなとは思うのですが、私は真風ホームズならありだなと思いました。いい塩梅で変人の名探偵と市民のヒーローの両方の面をもっていましたから。

あと、これは芝居でもショーでも同じなのですが、観劇している最中は少なくとも一度も「これがまどかだったら……」と潤花のことを思わなかったのも幸せでした。これだよ、これ。当て書きオリジナル脚本の醍醐味はこれでしょう! やっぱり!
ありがとう、劇団さん。
個人的な話をすれば、あんまり潤花ちゃんは得意ではないのですが(台詞の言い回しとか・あくまで好みの問題です)、『HSH』のときよりも歌がうまくなっているなあとは思いましたし、『HSH』に引き続きお芝居も頑張っている様子が見られました。
まだまだ成長してくれることでしょう。楽しみなファンも多いことかと。

だから、というわけではないけれども、やはり夏から秋にかけての花組の全国ツアー公演のショーはやっぱり心配です。
私はまどかも好きだけど、華ちゃんも大好きだから、ショーを見ているときに「これが華ちゃんのときは」と思ってしまいそう。いっそトップコンビが二人とも別の人に変わったなら、新しいトップコンビのために調整したのね、と思えるのですけれども、そうでないのがキツイ。今からキツイ。いや、もうチケットは確保してあるのですが。
いや、でもそれにしてもあんまりな演目だろうと思ってしまう。
お芝居も、柴田先生がやりたいのはわかるし、『コルドバ』は好きな作品でもあるけれども、ちと再演のペースが速いのも気になる。
それ、ちぎみゆでやったばかりでしょう、と思ってしまいました。すいません。

話がずれましたが、そんなわけで『SH』も『D!』もとても楽しかったです。
漫画『憂国のモリアーティ』がアニメ化されているろことですし、舞台にもなり、ちょうどアイリーン・アドラー/ジェームズ・ボンドの役は大湖せしるが演じてしまいしたね。ツイッターで流れてきたビジュアルを見た瞬間はうっかり変な声がでました。夫に心配されましたw
アイリーンが美女なのは間違いないのですが、あの美女があのイケメンのボンドになるってすごいな。
しかし言ってみればボンドって宝塚の男役のようなものだし、配役としては天才的だったかとも思います。
大正解。ビジュアルだけで優勝できるわ。
私は原作漫画のウィリアムの容姿がダントツ好み過ぎて(目つきの悪い金髪)わりと初期から読んでいるのですが、ディープなシャーロキアンである夫に言わせると「ホームズを不良という設定にした時点で優勝確定」ということだそうです。言われてみれば、あくまでも身なりは英国紳士として描かれることが多いですからね、ホームズって。
雑にまとめた髪、常に裾が出ているシャツ、品なくくわえられたタバコ、という出で立ちは、汚い部屋で怪しい化学実験を繰り返ししているホームズには、むしろぴったりだったのではないでしょうか。
というか、今までなぜ紳士として描かれてきたのか、逆に疑問の持ってしまうほどです。
書いているのが、ホームズ贔屓のワトソンであることを差し引いても、ホームズの行動って不良とあんまり区別がないなというところは確かに多い。
ちなみに三谷幸喜の舞台『愛と哀しみのシャーロック』で、ホームズは不良ではないものの、発達障害というかADHDというか、そういうキャラクターとして描いていたのが興味深く、おもしろかったです。再演してくれないかな。

とはいえ、宝塚のトップスターが不良ホームズや発達障害ホームズを演じるわけにはいかないだろう、と踏んでいたので、キャラ作りはまっとうにしてくるだろうし、それよりも気になるのはモリアーティだな、と思っていたところで、あのキキアーティでした。
これはなんていうか予想と全然違って、いい意味で裏切られたので、大変満足しております。ありがとうキキちゃん。ありがとう生田先生。
モリアーティのキャラ作りのお礼だけで生田先生に手紙が書けそうです(やめなさい)。
『異人たちのルネサンス』のメディチのように「俺がエライ! 俺が正義! 俺が法律!」みたいな感じではなく、無邪気で赤子がそのまま大きくなったような素直さで「みてー! ぼくのなかまがつくったじゅうだよ! すごいでしょ! これをいろいろなくににうってほろんだどころで、ぼくがきゅーせーしゅとなってあらわれるよー!」みたいな方向でイっちゃっている役作りだった。すごいな。
つか、チームモリアーティは武器なんか使わなくても、その美貌で村里の一つや二つはすぐに手に入りそうだけどな。だってキキちゃん、しどりゅう、まっぷう(松風輝)、もえこ(瑠風輝)、こってぃ(鷹翔千空)だよ?
世界を今すぐに手に入れるのはちょっと難しいかもしれないけれども、それがやりたいのか、そうか、それならば致し方あるまい。
っていうかもえこおおおお!!!!!
なんてこった、あのメガネ。おかしいな、『SAPA』では何も響かなかったのに、今回のメガネはたいへんによろしい。なんでだよ。
その顔の小ささに似合うメガネをよく探してきてくれました、衣装部さん、小道具さんありがとう。グッジョブ!
ショーでもまさかのメガネシーンがあるし、そんなの聞いてないよ~!ってなりました。ごちそうさまでした。
あれ、おかしいな、別に私、今までもえこにそこまで意識したことなかったんだけどな……どうしようと思っているところです。
動悸息切れ養命酒かよって感じです。

モリアーティの純粋さの一方で、勝手に拾った美少女を手塩にかけて(意味深)女スパイとして育てたのだから、もう本当にどういう趣味してるの?って感じ。きち〇いの所業やで?
アイリーンは「救ってもらった」というようなことを言いますし、モリアーティも救ったつもりかもしれませんが、常識的な意味での「救った」ではないのでしょうね……怖い。バウホールあたりで番外編はいかがですか?
完全にイっちゃっている人だから、仕方ないのかな。自然にそう思えてしまうモリアーティの役作りがすごいわ。
しかもアイリーンからしたら元カレに命を狙われた上に、その元カレと好きな人を奪う羽目になるのだから、これが本当のトライアングル・インフェルノって感じですよね。地獄だな。
もっともボヘミア貴族を強請るのに失敗したのにモリアーティのもとからどうやって逃げたのか?とか、そもそもなんで大臣から船の設計図を奪ったのか?とか、そもそも船の設計図だって知っていて盗んだのか?とか、せっかくモリアーティから逃げ出したのに、また危ないことにクビを突っ込んでいるのか?とか、少なくとも作中では語られていなかったような気がするのですが、とりあえずボヘミアンの事件で敵として知り合ったはずのホームズに、自分の命である船の設計図を預けるくらいにはアイリーンはホームズを信頼しているということがわかれば話は進みます。
進みますが、ちょっと雑ではないか?と思わないでもない。ライブ中継で初めて見ていたら、こんなに楽しめなかったかもしれないと思うので、劇場のありがたさを痛感。やはり生の舞台っていいわ。
そういうわけで、ディープなシャーロキアンである夫をどうやって巻き込むか、それが思案のしどころです。

ともあれ、アイリーンの衣装もどれもいいんですよ。よりどりみどりで目が幸せなんですよねー。
ポスターにある異素材を組み合わせた青いドレスは、アイリーンのちぐはぐな心をよく表しているし、オペラ座での舞台衣装の白いは言うまでもなく素敵だし、スイス行きのカントリー風のドレスなんかはいくつの設定!?とは思うものの、まあ変装の名人だしとも思えたし(もっともその設定は今回の作品では生かされていない)、喪服も良かったです。あー眼福。帽子もどれもかわいかった。
まじでもえこといい、衣装さんがよい。小道具さんがよい。

ホームズはアイリーンの過去に嫉妬する一方で、女嫌いだといわれているのに自分にもちゃっかりかつての恋人がいて、なんなんだよ、もう!と思うし、しかもその名前で送られてきた手紙に動揺しまくっているんだから、もうなんなんだよ、と思いますけどね。キキアーティからだってすぐに気が付くけれども、最初の一瞬は本気で信じたでしょう? ねえ、信じたでしょう?
でもこれがあるからヅカのホームズとしては人間味があって、キャラクターが成立して、最後の「名もなきヒーロー」につながるわけですね。
かつての恋人を脅迫するモリアーティといい、本当男ってロクでもないなって思っちゃいますよね。
でもそれを女性が演じているから、私は安心して見ることができます。
本当に劇場で見ることができてよかった。家で見ていたらめっちゃツッコミ入れまくっていたわ。

ラストはホームズとモリアーティの一騎打ち。原典にもあったライヘンバッハの滝ですよ!! うはうはです。
ホームズが人殺しをしない以上、あの結末は仕方がないし、でもちゃっかり、生き残っているのもわかるし、キキアーティだってもちろんそんなことでは死なないのはあきらかだから、なんていうかひたすらワトソンが不憫で可哀想でしたね……いや、そんなことで僕の名探偵が死ぬはずがないって思ってやってよ~!とは思うけれども。

ところでポスターの鎖、生田先生の趣味か?とこれまた多くの人が思っていたように私も思ったのですが、インタヴューでは「物語の鍵になる」と生田先生は仰っておりました。
で、実際に作品を見てみるとどうかっていうか「生田先生の趣味だな」という結論にいたりました。いやだってそうでしょうw
最初の鎖の暗号の意味も観客は教えてもらえず、最後のホームズとモリアーティが滝に飛び込む場面は鎖というかちょっと鎖が長い手錠のように見えたし、中盤でモリアーティがホームズを鎖で絡めとるのはもう趣味以外の何物でもないなwと。趣味の真骨頂やんけー!
まあ、観客も楽しく見たことでしょう。これもオリジナル脚本のいいところです。
おかげでショーの群舞で二人がタンゴを踊り始めたときに「ホームズとモリアーティ?」と錯覚しました。おもしろかった。

メアリーのじゅっちゃん(天彩峰里)も良かったです。
ワトソンの二人で夜会の後の夜道を歩いているときにアイリーンに出会いますが、気が立っているアイリーンからワトソンがかばうようにするものの、メアリーは大丈夫、と答えて前に出る。
続けてアイリーンに「重そうな荷物をもっているから」という。
もちろん実際にもっている物理的な荷物の話をしているのではない。
精神的に背負っているものの話をしているのである。それとなく優しいのがいい。
221Bの部屋にいるときも、ハドソン夫人がホームズに命じられて鍵を閉めに行くときについていってあげる。
メアリーが優しい。いい奥さんになるよ。ワトソンとメアリー、いいカップルだわ。

今回が退団公演となるハドソン夫人役のららちゃん(遥羽らら)もよかったです。
『fff』の家政婦を思い出しました。これからまだまだ進化していくでしょう。楽しい場面になりそうです。
イレギュラーズを最初は汚い子供たちとして嫌がっていましたが、いつの間にか仲良くなっていて、ホームズの葬式では一緒にいる。
ホームズが事件を解決していく中で、イレギュラーズが役に立っていることを認めたってことですよね。
ただの汚い子供ではないってわかってもらえたイレギュラーズたちもよかったね。

そらくん(和希そら)のレストレーブ警部はちょっと、役不足のような気もしましたが、真風との学年差を考えると、きっちり警部を演じることも難しかったのかもしれません。
同じくしどりゅう(紫藤りゅう)のモリアーティ大佐も、キキアーティの兄というのは学年差を考えると、やはり難しかったのかもしれません。
そういう意味で、りんきら(凛城きら)はすばらしかった。
ちゃんとホームズの兄だった。これで専科にいっちゃのか……淋しいな……。
『夢千鳥』でもいい味を出していたのに。
娘役ちゃんたちは『夢千鳥』で見つけたしほちゃん(水音志保)やひばりちゃん(山吹ひばり)を追いかけていました。
愛未サラちゃんも可愛かったなあ。これからが楽しみな娘役ちゃんたちです。

ショーは、プロローグ(豪華なカンカン付)、王妃のお茶会(一から十からコメディ)、SM(危険なスパイス)、中詰(ターバン)、キャンディ・ケーン(きらきらのききらら)、虹色(退団者……涙)、ロケット(おいしそう~!)、3色旗の男役(格好いい~!)、2番手と上級生娘役(最高、大好き)、男役群舞(まさかのタンゴ)、デュエダン(めろめろ)、パレード(おなかいっぱい)という構成で、詰め込み過ぎ~!という声もちらほら聞こえますが、私はむしろこれくらいの方が退屈しないし、飽きないし、超楽しいし、たまらなかった。特に中詰のあと。ここが退屈~!となることが多いから、すごい楽しかった。
何より少人数ずつで出てきてくれるから、下級生も探しやすい、見つけやすい。いや、別に『DC』に恨みがあるわけではありませんが……。
やはり隅から隅まで見ることができるのが、ショーの醍醐味です。

今回は特に中詰めではららちゃんとじゅっちゃんが娘役二人だけで銀橋を渡ります。
最高。私はもっと銀橋を軽率にみんな渡るべき!と思っている人間なので、とても嬉しかったし、娘役だけというのもたまらなかった。
そのうえキャンディ・ケーンで、ららちゃんがセンターでまた娘役ちゃんたちを引き連れてセンターで銀橋渡るし、渡り終わった後、男役さんたちと合流して、またデュエダンするし、最高だった。
娘役ちゃんたちの場面がただのつなぎではなくて、ちゃんと一つの大きな場面につながっているのがとても嬉しかった。
そしてこのキャンディ・ケーン、超絶可愛いね?! やばい可愛いね!? 語彙力死んだ。

王妃のお茶会は、実はあんまり男役の女装(言い方)って得意ではないのですが、もうあの場面はまるっとコメディだからよいでしょう。
キキちゃん、あなたって人はスカーレット・オハラマリー・アントワネットの両方を演じたのね。すごいわ。
うわさに聞くところによると、トップ娘役でこの2つを演じたのは花總まり星奈優里だけ。
スカーレットⅡまで含めると、白羽ゆりも演じましたし、新人公演まで含めても花乃まりあの4人だけ。
ここに入るのだからすごいぜ、芹香斗亜。万歳。
ドレスが二段形態になっているのも気合が入っている。主に野口先生の(笑)。
すっしーさんとかまっぷーさんとかりんきらの輪っかのドレス姿が見られるなんて思いもしなかったよね。すごい。

問題のSM場面は、まあすみれコードはギリギリだろうなという気はしましたし、「清く正しく美しく」に反している~!と思っている観客もいるかなと思いますが、あれはあれで楽しかったです。他の場面とのメリハリもあったし、たまにはこんなのもいいよね~!という感じでした。
千秋楽のころにはダンスがおとなしくなってしまうのでしょうか? それはそれでスパイスの役割~!と思ってしまうのですが。
ずんちゃんのファンがいいかどうかは結構きわどいかな。
真風さんのファンはどうかな。危険だけどOK!って感じなのかな。
美少年に運ばれてくる潤花のあの勝ち誇った笑みよ……。
SM場面が終わって、中詰の始まり、上手奥から下手手前に向かって男役と娘役が一列ずつに並ぶところは「おや、四条畷の合戦か?」と思いました。失礼しました。

ロケットも可愛かったな~おいしそうだったな~!
衣装もベリ-キュートだし、3段ケーキの舞台装置も素敵だし、107期生、本当におめでとうございます!
男役群舞もまさかのタンゴだし、『HSH』のビリヤード、『夢千鳥』SM、からのタンゴ、楽しめました。ありがとうございました。ちょっと風変わりなのがおもしろかったなあ。
今回はわりと全体を見ていたので、次は細かいところ、下級生の活躍なんかを追いかけようと思います。楽しみ!

月組『桜嵐記』『Dream Chaser』感想

月組公演

kageki.hankyu.co.jp

ロマン・トラジック『桜嵐記(おうらんき)』
作・演出/上田久美子
スーパー・ファンタジー『Dream Chaser』
作・演出/中村暁

『桜嵐記』の一つ目の感想記事はこちら。

yukiko221b.hatenablog.com

こちらはショーの感想を、と思ったのですが、その前に『桜嵐記』と『fff』の共通点について。
とても同じ演出家が描いた脚本とは思えないくらいタイプが違って、私はどちらも好きなのですが、やはり前者がザ!宝塚!であるのに対して、後者は外部でもできるのでは……?という声はよく聞きますし、まあその通りかなとも思います。もっとも「不幸」の役を女性が演じる必然性がなくなるので、ちょっと難しいのでは?とも思っていますが。
ただ、『fff』で「勉強は好きか?」とルイはナポレオンに聞く。人間の時代としての近代の幕開けを生きた人々は勉強を、学問を、学ぶことをそのものを愛した。一生懸命自分の頭の、心の畑を耕した。
晴耕雨読」という言葉はよくできた言葉で、晴れた日は畑を耕し、雨の日は書を読む。書を読むことは己の頭や心を耕すことに通じる。なるほど、と膝を打つ。
『桜嵐記』も学問の大切さが描かれている、ような気がする。というか学がなければ、兵糧がなくなったときに略奪するだろうな。それをしない時点ですでに学がある、というような気がする。
北畠顕家は奥州から京に神業の速さで戻ってくるのですが、これ、実は補給を考えておらず、現地で略奪しているからなんですよね。そんなこと、作中には描かれておりませんが。
古語の「しる」には「領地を治める」の意味があって、主が目で見て知っている土地はそのまま主人が治めている土地であった。領地内を歩くというのは、散歩の意味だけでなく、領民の生活ぶりを観察するためでもあった。
そう考えると正成が賀名生まで三兄弟と出かけて行ったことにはとても意味があると思うし、土地を目で見て知ることはそのまま学問につながっていたのではないでしょうか。
正時は猪を狩るけれども、『神々の土地』でも冒頭では狩猟をしているし、フェリックスが貴族の意義を語るときも人々が田畑を耕していた時代から語る。
うえくみ先生の講演会で、たしかおばあさまが大きな魚を見事に3枚におろしていたり、おじいさまが野鳥を狩ってきたりという野生みある雄々しい話を聞いたような気がするのですが、生きることと狩り、農業が固く結びついているような気はします。
『金色の砂漠』では娯楽としてですが、鳥を狩っています。「生きること」が本来持っているある種の凶暴性や暴力性を感じます。

まあそもそも学がない人間に「歴史の流れ」なんてものは見えないでしょう。そう考えれば、やはり正行には学があったなと思うし、学ぶことの大切さを説いているとも見えます。
作中には和歌が3首出てきますが、正行の詠んだ和歌しか解釈がつかない。こういうところにもうえくみ先生の「わからなければ自分で調べてね?」という声が聞こえる気がする。それほど難しい和歌ではありませんでしたが。
モノが溢れすぎて、大抵のことがお金で解決してしまい、人間の底力といいますか、生きるパワーみたいなものが現代には決定的に欠けているのでしょう。

さて、ようやくショーの感想。
よくある中村Aショーだとは思いましたが、『エクレールブリアン』でも『シルクロード』でも、次期トップコンビに1つの場面が与えられていたにもかかわらず、今回はそれがなく、大変悲しい気持ちになりました。
れいこ(月城かなと)とうみちゃん(海乃美月)が組んで踊るのは、プロローグと中詰のほんの少しだけ。一緒に歌いもしない。
もっともこっとん(礼真琴、舞空瞳)コンビは歌いはしなかった。ただ、一緒に踊っただけだった。それでも彼らがメインの場面だったことは疑いようもなく、ダンスがウリの2人にとっては、トップになる前の立場としては、願ってもない場面だっただろう。
どうしてれいうみの場面はないのだろう。
こっとんやさききわ(彩風咲奈、朝月希和)のコンビのように祝福されていないのではないか、コンビの発表も遅かったし、実は劇団側があんまりよく思っていないのではないか、とうがってしまう。なんせ、性格が悪いから。
もちろん次期トップコンビに場面が与えられて当然!とは思っていないし、今までもそういう場面があるサヨナラ公演ばかりではなかったけれども、なんせ、そういうショーが続いたこともあって、しんみりしてしまったのです……。
賛否あるのはわかっていますが、やっぱり私はれいうみコンビが好きなんだな、と改めて思いました。
『瑠璃色の刻』『ラストパーティー』『アンナ・カレーニナ』『ダル・レークの恋』、今まで大変よい組み合わせだと思い知らされてきたんだな。

できればスパニッシュのありちゃん(暁千星)の役をれいこちゃん、さくら(美園さくら)の役をうみちゃんにして、ちなつ(鳳月杏)との三角関係にして、続くミロンガの場面のうみちゃんの役をさくらにしてはいかがでしょうか、ね。
たまきち(珠城りょう)とうみちゃんがミロンガで踊るの、とても嬉しいし、たまきちがラストだからいろいろな人と組んで踊るのもわかるのですが、でも、たまきちにうみちゃんの組み合わせはない、と劇団が判断したからさくらがちゃぴちゃん(愛希れいか)のあとを継いだのではないの?とも思ってしまう。
今更ここで組んで踊られても、何も感じることができないのです。悲しすぎて。
スパニッシュの場面もミロンガの場面も好きなんですけれどもね。
ありちゃんとちなつがひたすら忙しいし、れいこちゃんは出番少なすぎだし、なんだかなあ……。

れいこちゃんはプロローグで101期以下、かな?下級生男役を連れて大階段から登場。これは貫禄があってすごくよかった。次期トップです!て感じもした。
「空の青さに全てが溶けて見えた」という歌詞は『カルーセル輪舞曲』の「海と空の蒼が結ぶ遥かな国へ」という歌詞を連想させる。たまきちの船は、ここまで来たんだなと思わせてくれる。
れいこちゃんが引き連れているのは、『カルーセル』のときにはまだ月組にいなかった学年の組子たちなのね……たぶん。

スパニッシュの場面は、ちなつの銀橋渡のあとは、後ろの娘役ちゃんたちばかりをオペラで追っていて、実は正直いつありちゃんがはけたのか、いまだによくわかっていないのですが、さち花姉さん(白雪さち花)、はーちゃん(晴音アキ)、たんちゃん(楓ゆき)、こありちゃん(菜々野あり)、おはねちゃん(きよら羽龍)とまあ後ろが豪華でね。最高に豪華でね。好き。
こありちゃん、時々困り眉みたいになるのが気になるけれども、キリッとした表情もできるようになったのね〜!可愛いだけじゃないのね〜!と嬉しくなる。
困り眉、苦手なんですよね。それこそ夢白さんが困り眉なんだ……。

ミロンガも最高だよね。
ありちゃんから始まったときには、ええ?!分身!?ってなったけれども、あの早着替え、すごいなあ。
銀橋でかれんちゃん(結愛かれん)と蘭世ちゃん(蘭世惠翔)を侍らせて、まあ色男ですこと。
蘭世ちゃん、マジでキュートだな。あの体の大きさであの目の大きさは本当に反則。
彼女にしかできない、彼女のためのピッタリのお役があるはず!って思わせる個性。すばらしい。
どこにいてもわかるものなー。
芝居で活躍する日が楽しみです。
下級生ではそらちゃん(美海そら)に注目。青いドレスがよく似合うし、体の柔らかさをこれでもかと見せつけられております。可愛いなあ。
おはねちゃんは前場面に続いて登場。こちらもお着替えが忙しそうですね。
ミロンガの場面の何が最高って、男女のダンスなんだけど、主導権が女にあるように見えることです。
男役の帽子を奪って前に出て踊る娘役ちゃんたちのスタイリッシュさよ……っ!
格好いい。可愛く愛らしい娘役も、もちろんそりゃいいんだけど、それだけじゃないのがよい。
男役同士で踊るのも躍動感があってよいし、銀橋に出てきてずらっと並ぶのも壮観。
お衣装も好み。曲も好み。気がつくと脳内再生している。
ちなつとからんちゃん(千海華蘭)の絡みも良い。じゅりちゃん(天紫珠李)がちなつを振ってたまきちのところに向かうと、「なんだよ、あいつ」ってからんちゃんに言うんですよ。で、からんちゃんは「ほっとけ」って返すんですよ。言葉がなくてもわかるやりとり。楽しい。

お次の男役だけの場面はれいこがセンター。その脇をるねぴ(夢奈瑠音)とおだちん(風間柚乃)が固める。
この3人の並びの何がすごいって、女性の好みの9割はこの3人でまかなえているのではないか?と思わせてくれるところです。
『炎のボレロ』のときの、咲ちゃん、あーさ(朝美絢)、あがち(縣千)の3人も相当網羅しているな、と思ったのですが、今回も綺麗系、ベビーフェイス、男前と見事なまでに全員タイプが違う。すごい。
この3人でセンターをやらせたのは大正解。
まあ『エストレージャス』で見たことがある場面だなとは思ったのですが。

中詰は決めポーズがカンフーのようななんと言うか、まあ格好いい系に振りたかったのはわかりました。
最初にありちゃん!ちなつ!たまきち!の登場は『All for One』の三銃士のようでもありました。
ちなみに久しぶりに『AfO』見たのですが、『ホテルスヴィッツラハウス』を見た後だと、同性カップルへの反応があまりにもあまりで、ちょっと見るに堪えなかった。アップデートするというのはこういうことなのね……。
まさかのアフロ祭りにも遭遇しまして。
私、音に聞くアフロ祭りとは集団幻覚なのではないか?とさえ思っていたクチなので(ひどい)そりゃもうビックリしましたし、オペラどころの騒ぎではなかった。手拍子をせずにはいられなかった。
いや、ありちゃんのシルエット、おかしかったしね?最初から。ライトついてもやけに青いし。衣装が青とはいえ、と思っていたらアフロだった。笑った。
ちなみにアフロはこんな感じでした。

たまきち→黄緑に黄色の二段重ね。さくらとデュエットのときはシルバーに大きな三日月の飾り。
さくら→白に紫のリボン。キティちゃんのようだった。
れいこ→蛍光ピンクに小さな三日月の飾り。そのピンク、似合ってしまうんですか?!
ちなつ→紫。大人の色〜でもアフロ〜!
ありちゃん→青。お衣装と同じ感じの色の青。
おだちん→蛍光黄緑。そんな色のアフロ、あるんかーい!って感じで、なぜか似合っていた。その色、似合うの?
退団者→白アフロ
その他→黒アフロ
まゆぽん(輝月ゆうま)→デカ黒アフロ

アフロかぶっているのに、超真剣にデュエットダンスするたまきちとさくらに時折笑い声が入ったのは、もはや致し方ないことだと思いましたね。
ちなみに蘭尚樹くんのこの場面の髪型がイカしているわ〜と思ったのに、アフロで出てきたときにはやはり噴き出さざるを得なかったのだよ……。
まゆぽんの1人だけ大きなアフロもすごかった。
思えばまゆぽんもゆりちゃん(紫門ゆりや)はこれで専科に行ってしまうのだから、もっと彼女たちの出番があっても良さそうなものなのに、とも思いました。欲張りなんですね、すいません。
階段降りは対称で降りてきましたが、あれだけでは足りないよね。
せめてもう一つ場面を作って、彼女たちの餞別みたいな形にはできなかったのでしょうか。
専科に行くとあんまりショーにも出ないし、出ても群舞にはいないことが多いし、なんだかなあ。もっとショーで活躍する彼女たちを期待していたんだな、私。

エストレージャス』でショートカットあーちゃん(綺咲愛里)が娘役を引き連れてやってくる場面が大好きなので、さくらの真紅のドレスに娘役ちゃんたちの赤いドレスの場面はそりゃもう大好きなんですが、その直前のおだちんの真紅の衣装の場面もいいですね……すごい昭和歌謡の香りがするのですが、昭和なんて少しも生きていないはずのおだちんが、なぜかこれまたよく似合う。なぜ。
銀橋渡ってさくらと踊って娘役ちゃんたちがずらっと出てくるの!これは!たぎる!好きなやつ!
うみちゃんのポニーテールが健康的で赤いお衣装が情熱的で、言うまでもなく最高に美しい。
こありちゃんも回を重ねていく毎に成長していて、上級生の娘役についていっているのがわかって、大変良い。いいぞ〜!頑張れ〜!応援しているぞ〜!
ここのこありちゃんの髪飾りもとても豪華で好きなんだ。
おはねちゃんもいますね。劇団からの期待大なのでしょう。
博多座ではどうなるのでしょう、この場面。うみちゃんが深紅のドレスをまとってセンターで踊るのが、今から楽しみでなりません。

ロケットではうみちゃんが可愛いー!
ちづるちゃん(詩ちづる)も見つけました。愛らしい。パレードでは歌手も担っていましたね。これからまたどんどん頭角を表してくるでしょう。楽しみでなりません。

群舞、デュエダンと続き、たまきちがさくらと一緒にはけないな?と思ったらもう一場面。
月組の神7(るうさん、れいこ、ちなつ、ありちゃん、おだちん、ゆりちゃん、からんちゃん)に囲まれて、というか、たまきちがそれぞれのところに行って、踊る。
るうさん(光月るう)はたまきちの汗を拭ってあげる。優しい。涙を拭ってあげているようにさえ見える。
だって雪組では次にようやく93期のトップスターですからね?!山あり谷ありのトップ就任で、現在サヨナラ公演をやっているたまきちは94期。泣きたくても泣けないことなんて、たくさんあったろうに……ぐすん。組長、優しい。
たまきちが近づくのそれぞれのスターが動き出す。この演出もニクイ。
7人がはけたあと、舞台上にあったライトがたまきちに集まるのも大変良い。
混沌としたカオスのようなものが、トップスター珠城りょうのものでコスモス、秩序だったものになる、という感じがして、とてもよい。この演出だけで泣ける。

欲を言えばもう一つ場面を作って欲しい、ということですかね。
個人的にショーの醍醐味は光る下級生を新しく見つけることにあるので、みんながずらっ!と出てくる場面ばかりでは、それがしにくいかなと。全員出てくるとどうしても下級生は後ろや隅に追いやられてしまいますからね。それはスターシステム上、仕方がない。
だから、もう少し人数減らして、場面を増やして、下級生にも見せ場を作って欲しい。
今でさえ月組は上級生男役と下級生娘役を追いかけるのに必死なのに、全員集合したら、好きな人を追いかけるのに時間も足りないのだ〜!

博多座でどう生まれ変わるのか、構成は変わらないだろうけれども、れいうみトップコンビの作品として楽しみにしています。

雪組『ヴェネチアの紋章』『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』感想

雪組公演

kageki.hankyu.co.jp


ミュージカル・ロマン『ヴェネチアの紋章』
原作/塩野 七生『小説イタリア・ルネサンス1 ヴェネツィア』(新潮文庫刊)
脚本/柴田侑宏  演出/謝珠栄

ロマンチック・レビュー『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』
作・演出/岡田敬二

お前、いつの話してんだよ……と思われそうですが、月組の大劇場ショーの感想よりはこちらが先かな、と。
母親がなつめさん(大浦みずき)も大ファンでしたので、なんとなーく見た記憶はあるのですが、なんとなーくで、よくは覚えておりません。
30年振りの再演ですので、いろいろ改変はあるでしょうなあ、と思っておりましたが、歌詞はそのままで楽曲の変更となるとは思いませんでした。そんなことができるのね、すごいわ。
それにしてもあのラストの改変はいかに……。
謝先生は、「二人の間にできた愛娘の存在」を明かすことで、「二人の愛の未来は存続した」ことになると言いますが、本当にそうですかね?
例えば、うえくみ先生の作品ではギィとタルハーミネの間に、晴興と泉の間に、正行と弁内侍の間に子供はできませんが、二人の愛を観客は感じることができるもではないでしょうか。ええ、トップコンビの間には無慈悲といえるくらい子供がうまれないんですよ、うえくみ先生の作品は。
初演はアルヴィーゼに似た男性とリヴィアに似た女性がカーニバルで踊っているところをマルコが見て、終わり!だったと思うのですが、そっちの方が余韻があったかなーと。

マルコがリヴィアの娘と結婚しようというのも、原作にあるようですが、芝居の中では唐突のように思いました。
もちろん、リヴィアの娘が尼僧院から出るためには結婚しかなく、貴族と結婚すれば、アルヴィーゼが欲しくて欲しくてたまらなくて最後まで手に入らなかった貴族の紋章を与えることができる。
でもそれをリヴィアの娘が望むのだろうか。
リヴィア自身は望まない結婚をして、悶々とした10年を送ったのに、貴族とさえ結婚すれば娘が幸せになると思っているのでしょうか。
カトリックなのに、わりとあっさりとプリウリとリヴィアとは離婚できたなと思ったのですが、カトリックでは基本的には離婚できないですし……。
リヴィアが最期に言うべきだったのは「尼僧院に預けてある娘に、アルヴィーゼから合図としてもらった指輪を渡してほしい」ということで、マルコがリヴィアに会って思うべきだったのは「この子が大人になるころには、好きな人と結婚できる世の中にしよう」ということだったのではないですかね。
アルヴィーゼとリヴィアの二人が望んだことって、まさに「どんな身分であれ好きな人と結婚すること」じゃないですか。
別に貴族の紋章をリヴィアは望んでいない、アルヴィーゼだけだよ。
上記のことがとっても気になってしまい、2回目3回目の観劇でも魚の小骨がのどにひかかったような漢字でいまいち泣けなかった。いや、泣いている人が多かったからさ……。
天国エンドはありがちですし、まるく収めるための定石かとも思いますが、プロローグとの対応も考えるとなあ……やはり全員集合しているところによく似たカップルが出てくるという方が今回については、まとまりがよかったように思います。

もっとも、プロローグはよかったですね~!
抽象的な青い影たちが物語を誘導し、主人公アルヴィーゼが登場して歌い、リヴィアがゴンドラから登場(愛知のホールは奥行きがかなりあって、奥のゴンドラの説得力が増します!)、そこから全員(青い影だったキャラクターの早着替え、お疲れ様! あみちゃんはダンスでわかるで!)舞台に大集合というのは、いかにもいかにも宝塚という感じで、全国ツアー向きだったと思います。
全国ツアーやはり初めて宝塚を見る人もいるでしょうから、掴みって大事ですからね。
どうせだったら、カーニバルという設定で全員集合すればよかったのに~!と思いこそすれ、些末なことです。ラストもカーニバルで対応させれば1年経ったことがわかりますが、そういえば時間軸はよくわかりませんでしたね。
色とりどりのドレス、豪華な大道具、美しいタカラジェンヌたち! たまんね~!
アルヴィーゼ役の咲ちゃん(彩風咲奈)のスタイルお化け具合もすごい。トップスターになってまた足が伸びた?
タカラジェンヌとしての圧倒的な説得力よ。すばらしい。

リヴィアとのモレッカも圧倒的な宝塚の世界の美しさを体現しているように思いました。はあ、すばらしい。ため息が出るわいのう。
もっともモレッカで「情熱的だった」と言われるリヴィアは、それまでにもっと冷静沈着であるという設定を全面に押し出してもよかったとも思いますが、きわちゃん(朝月希和)のドレスさばきもすばらしくてね。
ドレスの裾が前後に揺れず、すすすーと前にだけ進む。すごい。あの輪っかのドレスで。なんでもできる娘役や。オールラウンダーや。頼もしすぎる。系統としては白羽ゆり野々すみ花彩乃かなみあたりでしょうか。
アルヴィーゼとリヴィアは息をするようにチューをして、いちゃいちゃして、それはそれでいいのですが(見ているこっちは恥ずかしいのですがw)、二人とも過去ばかり見ているのがちと気になる。今のお互いをお互いがどう思っているんだよ!とは思いましたね。
二人とも過去に縋り付いているように見える。過去の夢を追っている。亡霊では勝ち目がないことは『桜嵐記』でも同じことである。
コンスタンチノープルに来たリヴィアは「コンスタンチノープル一の商人であるアルヴィーゼの妻であるだけでいい」と言い、ここではちょっと地に足の着いた感じがありますが、アルヴィーゼはそれを振り払って過去の夢を追いかけていってしまうし。
いや、男のロマンは悲劇だな。
もう十分だっていっているじゃないか、人の話を聞いてくれよ。
そう思ってしまうから、アルヴィーゼの後を追い、白い蝶になったリヴィアに共感できないのかな。

マルコは、アルヴィーゼとモレッカを踊るのを見て「あんなに情熱的なプリウリの奥方は見たことがない!」という一方で、アルヴィーゼとの関係には気が付かない。
それより前にオリンピアに、アルヴィーゼに想い人がいるらしいことを聴いていたのに、気が付かない。
モレッカの後のアルヴィーゼの寂寥を見ても、気が付かない。
そもそも10年前にアルヴィーゼがヴェネチアを出た理由にも気が付かない。
とにかくマルコが鈍いというかどんくさいというか、貴族のボンボンにありがちな無神経というか、そう見えてしまうのがちょっともったいないなあ、と。
あやなちゃん(綾凰華)の演技がロイヤルで、これまた美しくて、咲ちゃんとの並びもバランスがいいから、あんまり気にならない人もいるかもしれないけれども、久しぶりに会ったアルヴィーゼに対して「政治家になっていれば」と言ってみたり、はぐれ組に対しても「どれも名門貴族だ~!」と言ってみたり、おい、そりゃちょっと無神経なのでは……?と肝を冷やしたよ。
いかにも貴族のボンという感じはするんですけど、ね~。
それほど鈍ちんのマルコは、これまた息をするようにオリンピアとチューしまくりますが、オリンピアに騙されていないか、不安になりますな。
あとマルコの台詞が説明的すぎるのが、ちと気になる。

まなはるのアルヴィーゼパパもよかった。組長が貴族で一番偉い人ではないというのも新鮮で、あとでまなはるを追い詰めるのも楽しそうでした。
「アルヴィーゼはヴェネチアとは無関係な人間である。無関係な人間のためにヴェネチアは兵を……出せないっ!」というのは苦しかったですね。
最後の「ヴェネチアは兵を出せない(出さない)」だけでもよさそうなのに、前の一文を入れないと、言葉が続かないのでしょう。
息子を自分の国と無関係であると言わねばならぬ父の心境とはいかに。つらかろう。くのうのまなはる。かわいい。

結婚は望まないけれども、貴族の舞踏会には興味があるというオリンピア、あの場面転換は美しかった。
青の影と踊りながら、少しずつ貴族たちが出てきて、舞踏会に変わっている。
思えば『ほんものの魔法使い』では場面転換が気になったというのもあるんだよな。暗転が多すぎた。

咲ちゃんのプレお披露目ということで、新生雪組の新しい歌姫として希良々うみちゃんにも大注目! ともか~!
義経妖狐夢幻桜』のシズカ以来注目していましたが、ここにきてすばらしい歌声、演技、ダンスを見せてくれました。
レミーネ、とてもよかったです。もうレミーネが出てくると、レミーネしか目に入らない。ほかで何が起こっているのか全くわからない。
紫のダンスのお衣装も大変すばらしかったし、2回目に出てきたときの緑のお衣装もエキゾチックでよかった。
「男性が女性を仲間だというときは、その女性に魅力を感じていないということですわ」「ほら、魅力的な方があちらに」「それでもあなたが好きですわ」はあ~! 好き! そろそろスチール写真出してやってくれ~! 劇団、頼む~! 『うたかたの恋』のマリンカとか、『はばたけ黄金の翼』のロドミアとか、そういう役がもっと見てみたいぞ。
100期だし、新人公演はどうなるかな。
仙名の彩世を連想させる格好良さです。好き。クールな娘役トップがいてもいいじゃない~!
今回はエトワールをやってもよかったのでは?と思う。
ありすちゃんとはタイプの違う歌姫であることも心強い。

エトワールを演じたありすちゃん(有栖妃華)も、もちろんすばらしかった。
プロローグの歌姫、よかったわ~。リヴィアの娘もかわいかったわ~。
そしてエンリコのあみちゃん(彩海せら)との並びも、超キュート。最高だった。いくらでも見て居られるわ。緑のカップル、最高だったわ。美しい。うたうま。
ありすちゃんは、ゆきのちゃん(妃華ゆきの)とりさ(星南のぞみ)とともに遊女という設定でしたが、遊女のわりにはわりと軽率に結婚願望があるのは、おや?と。
オリンピアがそのあたりを諦めているのは現実的だなと思いましたが、スパイなら、そりゃそうよね~と。
はぐれ組は貴族の血を継いでいるとはいえ、嫡流ではないのだから、結婚しても貴族にはなれないし、3人は何を求めているのやら、これまた脚本に謎が深まる。
そしてゆきのちゃん、できるんだから劇団側はもっと有効活用してあげて~! こちらもまた頼む~!
はぐれ組のすわっち(諏訪さき)、はいちゃん(眞ノ宮るい)とあみちゃんはうたうま3人組で、もう「そのままYouたちデビューしちゃいなよ~!」と思いました。
下級生が光りまくっている。人数が半分だから、隅々まで眼が行き届く。いいわ。

下級生といえば、ヴェロニカ役の莉奈くるみちゃんもよかった。すごいよかった。
ちゃんと毎回笑いがとれていた。うっかりすると一人芝居みたいになってしらけるところ、ちゃんと回していた。
ショーでも見ていたわ。お相手の一禾あおのカシムもよかった。このカップル、なぜ幸せになれないの……。
音彩唯ちゃんは早くから注目されていましたが、ここでしっかり足場を固めた感じですし、カップルのお相手であった聖海由侑もひときわ輝いて見せました。セバスチャーノとラウドミアはこの話で唯一生き残った幸せなカップルですし、これからの二人にも幸あれ……。
これで『ほんものの魔法使い』組も合流したら、雪組はどうなってしまうのでしょうか。
男役も娘役も豊富ですなあ、安泰ですわ。

ロクサーナのあんこ(杏野このみ)もよかった……っ!
『fff』のナポレオンの后ジョセフィーヌに続く王妃の役でしたが、圧倒的な存在感。強い。
またあのトルコの衣装がまたよく似合う。すごいな。奴隷上がりの王妃よ。喋らなくてもいるだけで威圧感がある。たまらん。

サンマルコ殺人事件、物語の横糸としては必要なのかもしれませんが、いまいちうまく活かせていないような気もします。
このせいでマルコの説明台詞が多くなっているようにも思いますし。
芝居慣れしていない人にとってはちょうどいいのかな。そして警官はヴェネチアに殺されたのではなく、自分に殺されたのでは?と思う。だって強請っていたのはダメじゃないですかw
アルヴィーゼは主人公補正も入りますし、まあ、ヴェネチアに殺されたかなとは思うんですけどね。

月組『桜嵐記』と続いて見たので、心底「男のロマンと忠義は煮ても食えぬ」と思ったものです。
これを本当の男性に演じられた日にゃ、辟易するかもしれんな。『ダル・レークの恋』もそうですが、あれはまたちょっとタイプが違う。
男役の美学!みたいなものにあんまり興味がないらしい私ですが、でも女性が演じる意味ってあるよなあ。
本当に私はこんなところばかり理屈っぽくて、実は宝塚観劇向きではないのでは?と思うくらいなんですが、そこは譲れない。
全国ツアー(とはいえ、3か所しか回っていないですが)のわりにはセットも衣装も豪華で、とくに衣装は『ダル・レークの恋』だったり、『はばたけ黄金の翼』だったり、思い出すものが多く、ファンとしては嬉しい限りです。

ショー『ル・ポァゾン』はビデオ時代に涼風ファンだった私は擦り切れるほど見ましてね……。
どの場面でもかなめがちらついてしまう。もっとも、初観劇はかなめさんには間に合いませんでしたが。
プロローグで世界観の誘導、美しい歌姫の美声、舞台の真ん中にトップコンビ! 最高の構成だよ、何度見てもわくてかする構成だよ。ときめく。全国ツアーにはもってこいですね。
プロローグのともかの歌声がすばらしいのは言うまでもないですが、きわちゃんがここでにこりとも笑わないのが、またよくてですね。
娘役にありがちなトップスターの隣でにこにこしている、という構図、嫌いではないのですが、笑う理由があるか?と思うときもあって、きわちゃんは理由がないときはにこりともしない。愛想笑いをしない。すごい。「ナルシス・ノアール」の場面も然り。
ひたすら真顔でクールにスタイリッシュにきめている。格好良い。好き。こういうトップ娘役がいてもいいじゃなか。強い。ひたすらに強い。なんでもできるスーパー娘役だわ。 『BADDY』の「怒りのロケット」を思い出しました。

ともかが出てくる場面は、ともかしか見ていないし、あみちゃんが出てくると、オペラはあみちゃんをロックオンしてしまうのですが、娘役はほぼ把握したぞ!と思うくらい堪能しました。
りりちゃん、ありすちゃん、くるみちゃん、あやねちゃん、はばまい、娘役ちゃんたちがいっぱいだよ。可愛いよ。
「愛の歓び」では、竪琴の歌姫は夢白あやさんでしたが、ともかにしなかったのは、まあ、わかる。
亜麻色の鬘と薄いピンクの衣装は、あれだけクールな顔立ちのともかには悩ましいものがあったかと思います。
ともかがプロローグや中詰めといったひたすら格好いい場面の歌手起用なのは納得だし、大正解だし、これからもそれでよいと思う。
夢白さん、芝居ではあまり歌わなかったし、劇団としてはここで歌わせたかったのでしょう。
あとこの場面で気になるのは「白馬に乗った王子様が迎えに来る」ときわちゃんは歌うものの、実際には白鳥とともに咲ちゃんが登場しますし、当然白鳥に乗っているわけではなく、なんなら歩いて出てくるだけだし、何が何だかもう……ちょっとチープだよ! もっとなんとかならんのかい!とツッコミがおいつかない。あれ、私だけではないよね?
しかしこの場面ではあみちゃんとともかが組んで踊っているんだなあ。
世界平和の象徴かよ。階段降りも一緒で最高だな。

ともかは『パッションダムール』でも中詰のジゴロの曲を歌いましたが、また歌がうまくなっている。紫のドレスもすごく似合っている。
りりちゃんとくるみちゃんとの3人の組み合わせもよかった。重層感マシマシだし、色っぽいし、最高だった。
ここのはばまいの髪型も可愛かった。娘役ちゃんたちを見るのに、マジで目が足りない。

「ジュテーム」の場面で踊る3つのカップル(はいちゃんとりさ、あみちゃんと夢白、いちかとともか)は「愛のロマンス」の場面でも踊りますが、だったら、ともかのドレスもラベンダーにしてあげて~!と思いました。なぜピンク。
こういうときになんで気が利かないの、劇団。
「ジュテーム」の場面では、ともかの髪飾りが超豪華ですばらしかった。青のドレスも似合っている。ああいうパンチのある色の方が似合うよね! あーん、本当に大切にしてくださいよ~!
そしてせっかくなら組み合わせを変えて踊ってくれても良かったのよ。欲張りですかね。ファンとは欲張りなものです。

男役さんたちも忙しくて、プロローグがきめきめなのはもちろんですが、「若さ、スパークリング!」の場面はもうその名の通り、下級生たちが輝いていた。
あみちゃんにピンクが似合いすぎるので、友人は「花組に行ってしまうのでは?」と言いましたが、やだ、そんなの淋しい……と思う一方で、あわちゃん(美羽愛)とのコンビは見てみたいかも?と業が深いことを思いました。すいません。
組長(奏乃はると)のアルルカンもかわいかった。超キュートだった。見るたびに何か違うことをやらかしてくれたし、滑稽というのがうまい具合に伝わってきて、でも嫌いになれなくて、愛らしかった。さすがだわ。
そして階段降りのまなはる。娘役と一緒でかわいい。娘役に負けないかわいさ。
同じ92期のからんちゃんもそうですが、かわいいなあ。あんまり男役さんに使っていい言葉ではないのかもしれないけれども、そう思ってしまうのです。

上級生の頼もしさも下級生のフレッシュさも堪能できた芝居とショーでした。
大劇場公演が一層楽しみになりました。なんで演目はあれなんだ……という気持ちは今でもありますが、見に行きます。
愛知のあのホールは5階までありましたが、オペラ専用なのか、縦に長く、5階だと後ろのサンマルコ聖堂の映像も見えないので、売り止めにしてもいいかなとは思いましたが、いかがでしょう。
さすがにサイドは見にくいせいか売り止めになってしましたが。
上から見ると、後ろの下級生たちはわかるのですが、さすがに5階だと、大劇場の2階席BB列と同じとはいきませんし。
逆に愛知のホールの2階席は急な勾配の1階席うしろという感じで大変見やすかったです。
座席運にもめぐまれたい今日この頃ですなあ。欲張り~!

月組『桜嵐記』感想

月組公演

kageki.hankyu.co.jp


ロマン・トラジック『桜嵐記(おうらんき)』
作・演出/上田久美子

あほみたいに長くなったので、とりあえず芝居の感想のみ。

まさか、お百合さんがあんなことになるなんて……という感想に尽きるのですが、いかがでしょうか。
歴史ものである以上、楠木三兄弟の運命は決まっているし、わかっている。うえくみ先生は時折歴史改変をするけれども、このあたりの改変をするとは思えない。けれどもオリジナルキャラクターである百合はそうではない。
登場回数としては、正時が帰還するときと正時に離縁されるときの2回しかない。けれども、圧倒的な存在感を残した。すばらしい。
最初の「阿倍野の合戦、勝ったと聞きますが、帰ってきませんね」からの正時帰還までの流れは、楠木の郎党の子供たち(ここのそらちゃん可愛い)ではないですが、アー!となってしまいましたね。甘すぎるで。糖分高めや。
百合が郎党の子供たちに優しいのは、いつか正時と自分の子供もここに混じるだろうと思っているからなんだよな……と思うと、それだけでギュッとなる。つらい。
「何があっても生きてください」という百合の言葉に正時は答えない。答えられない。敵兵を追いかけるよりも猪を追いかける方が自分には向いていると思っていても、自分が敵兵を殺さなくても、敵兵は自分を殺しにかかってくる。戦場に出たら何が起こるかはわからない。

二度目に出てきた時はすでに父親が南朝を裏切って北朝についたあと。
尊氏や師直が訪ねてきて、師直が百合のことを大変下衆な目で見ている。本当、もうなんていう師直。
脚本には「嗚咽」と何度か書いてありますが、百合にとってはあまりにあまりな現実。
父親とベタ惚れした相手とが敵対する現実。
南朝を裏切って、裏切り者と罵られても、2人で一緒なら生きていける。そう思っているし、できるならそうしたい。
けれども正時は兄につく決断をする。
そして百合を助けるためと思って離縁して、北朝に送り届けさせる。
観客は誰もが正時が百合のために百合を北朝に送ることをわかっている。
おそらく大田父もわかっている。
北朝に百合がやってきて、それに気が付かなかったのは弟だろう。
弟が最期に正時に斬られるとき「本当は姉上のためだったんだろう?!」と言うのは、最初は蛇足だと思ったものの、弟自身があの場面でようやく気が付いたと考えれば納得がいくし、しかし実際には百合を助けることができなかった事実をつきつけられた正時は、そんなことを言われても、弟に刃を振り下ろすしかない。守れなかったやりきれなさがしんどい。

その直前の義父との対峙が何より涙なしでは見られない。
師直と師泰が乗っていたセリから大田父子が登場。
そもそもそのセリで、ついさっきまで正行と弁内侍が小宵一夜と寄り添っていたんですけどねえ!と怒りさえ湧いてくるのですが、それはさておき。
大田から「婿殿」と言う。だから大田父は、正時が百合に愛想を尽かしたわけではないことをわかっていることになる。
そして弟の口から百合が自害したことを知る。
一瞬の隙をつかれて、正時は腕を斬られる。
大田は阿倍野の合戦のときに言っていたように、男の花であるはずの戦場で敵兵を追わず、猪を追って料理なんかをしている正時を見て、自分は婿選びを間違えたと言う。
けれども四條畷の合戦では、実は正時は武士としてもやり手であり、刀の腕前も確かであることが、よりによもって自分が討たれることで証明されてしまう。
ずっと婿として情けないと思っていたのに、自分の婿選びが実は間違っていなかったことが、敵兵となってようやくわかった。
これが辛い。これに私は泣かずにはいられない。大田父は百合が自害した時点で、正時に殺されるつもりだったのだろう。その覚悟で四條畷に来たのだろう。うう……。
正時の気持ちもそうだけど、大田父の気持ちを思うとやり切れない。
大田は百合について「もののふの娘として天晴れ」という。でもそんな形で天晴れでも全然嬉しくないんですけど〜?!と思うのと同じくらい、正時も天晴れで、そしてそんな形で天晴れでもこれまた全然嬉しくないというシナリオなんですよね。
ひどい脚本だ……(褒めてます)。
そういうわけで、いつもこのあと満を辞して登場する正行に対して満足いく拍手ができませんでした。申し訳ないです。
ここはもうずっとハンカチを握りしめているんですよ、私……。

正時と百合の話だけでどれだけするつもりか、と言われそうですが、延々とできるわ、このカップル……幸せになって欲しかったし、三途の川を一緒に渡って幸せになった妄想をいくらでもしたい。
そうでないとあんまりすぎてね。
うえくみ先生は愛し合ったもの同士の愛の証としての子供はあまり描きませんね。
トップコンビやセンターコンビの子供って、そういえばできたことないのでは?と思うほど。
そう考えると『ヴェネチアの紋章』のラストで明かされるアルヴィーゼとリディアの間に生まれた子供の存在を明かす設定はやはり蛇足だったと思わずにはいられない。

さて、物語は月組が誇る組長るうさん(光月るう)の語りから始まります。
最初は拍手の誘導があったらしいですが、私は見た頃にはそれはなくなっていました。
南北朝時代は宝塚にとってもあまり馴染みがないので、背景説明を入れることは劇団からの要望もあったのかもしれません。
たまきちのサヨナラ公演だから最初に拍手を入れるのが正行の場面がいい、という思いもあったのかもしれません。
いずれにせよ、拍手の誘導文句はなくて正解かと思いますが、拍手くらい好きなときにさせて欲しいという気持ちもあります。
ここに登場するまゆぽん(輝月ゆうま)正成がでかい。数で不利でも勝ったという説得力のあるフィジカルよ。すばらしい。
御門跡様が登場して、るうさんも役に入り込む。
口調が変わったからわかるけれども、それ以上に雰囲気が変わる。芸達者だなと思わずにはいられません。
この部分、ドキっとしたもんな……変に緊張したと言うか肌が粟立ったというか。
キャストを把握した上で公演を見ているので、御門跡が老年の弁内侍であること、そしてるうさんが老年の正儀であることがわかっていますが、これ、知らずに見たらおもしろかっただろうなという思いはあります。
『ロミジュリ』でも、薬売りが死だと最初にわかったあの瞬間って変え難いものがありますからね。
2人が銀橋を渡り、舞台でたまきちが真ん中から振り返ってライト、大拍手!というこの流れはたまんね〜!宝塚見てる!って気がしますね。たぎる。
主題歌の歌詞をよく見ると、花は咲くものの「春」を全く想定していない。
「冬に咲け」だし。春まで生きられないことをすでに暗示している。怖い。
このプロローグである日は泣けてしまった。これはご贔屓にはさぞしんどい公演でしょう。
そのあと、正儀、正時と名乗りをあげて戦場に出てくる華々しいプロローグ。すばらしい。
プロローグが全員大集合!キャラクター紹介!に留まらず、ちゃんと物語上の進行も見据えているのがよい。さすが。

場面は変わって師直の湯殿。これがまた人非人なんだな、師直よ。
見た目はどうみてもゆりちゃん(紫門ゆりや)ではないのに、声がゆりちゃんだから脳がバグを起こす。
何度見てもバグる。胸毛はえてそう。しかもがっつり。濃いやつ。タカラジェンヌなのに、ロイヤルなのに。
可愛い蘭世ちゃん(蘭世惠翔)の祝子が師直に夫の無実を訴えにやってくる。
そして裸になれという。正確に言うと「裸身を晒してみよ」なんだけど、言葉で意味するところが最初からしっかりわかった観客はどれほどいるか。
だあら、演劇のセリフとしては微妙なんだけど、しかし直裁的に言うのはあまりにもあまりな言葉であることも間違いなく、物語の流れできっちりそれがわかるように作ってあるのは、なるほどと感心……しましたが、師直、あんまりだよ、あんた。
しかも祝子が打掛を奪われて震えている横で、別の女を攫う算段が整ったと言う話をしている。鬼かよ。
もっとも師直としては、公家そのものにも恨みがあるのでしょう。そもそも好色であることを除いても、武家対公家の構造を最初に紹介されていますからね。
ここのさちか姉さん(白雪さち花)とアキちゃん(晴音アキ)ささすが〜!色っぽ〜い!遊女と紙一重やんけ。公家の娘よ、それでええんかい。
ようやく自分の話に戻った祝子は嬉しいんだか、嬉しくないんだか、もはやわかりませんが、夫のために自分から帯に手をかける。それを追う師直のいやらしいことよ。
いらやしすぎてドキドキしちゃうわ。
言葉を選ばずに言うなら、下半身がうずいた女性観客がいてもおかしくないと思っている。

いらやしい場面がようやく終わるとヒロイン弁内侍が登場。ちと声がキンキンするのが気になりましたが、そんなことよりもジンベエのからんちゃん(千海華蘭)がとてもよい。
人情味溢れる人足がとてもよいし、説得力がある。
やはり、北条高時あんぽんたんぶりを冒頭一瞬で観客に理解させた演技力はたまらんな。
助けられた弁内侍は、師直の寝首をかくところだったのに余計なことを、と言い、あくまで正行は頭を下げる形で応対する。
南朝は公家中心の世界ですからね。
ここで内侍が師直に恨みを持つのは設定として無理があるのではという人もいましたが、武家への恨みが積もり積もって報復のために武家に一泡吹かせることができるなら、相手は武士なら誰でもよくて、それが力ある武士ならなおよし、師直ならうってつけだと考えたのなら、私は納得がいくかなと。
もちろん弁内侍の母親を殺したのは師直であると言うフィクションを織り交ぜてもいいと思うし、後の「なぶり殺された」という表現から母親が犯されたあと殺されたことがうかがえるので、まあいかにも師直のやりそうなことではあると思うんですけどね(ちなみになぶり殺すの意味がわからない人のためか、その前に師直の場面で「おなぶりあそばすな」という言葉が2回も出てきます、ああ……)。
ただ、武家全体を憎んでいないと、最初に正行と対立する理由も薄くなるので、これはこれでいいのではないかと個人的には思っています。
そんなことよりも、戦になると女が必ず不幸な目に遭うということを『サパ』『fff』と3連続描いてくるとは恐ろしい。今回も「野盗に犯される」とか言うし……描き方によっては腹を立てかねないし、男性作家が書いたら……と思うと薄寒い気持ちになる。でも次は一回お休みしてもいいのよ、うえくみ。

そして正時の3分クッキング。
あまり描かれることはないのですが、これが戦場のリアルなんでしょうね。猪の丸焼き。
料理の惚れるの情けない!と大田父は言いますが、それこそが人間の、人間としての幸せなんだよ!と拳を握り締めました。特に2回目以降は……。
出汁を知らないお姫さんとしてこのあと弁内侍が出てきますが、牛の出汁でさえ臭いと思う私としては猪の出汁なんてとても臭いだろうなと思う次第です。
ちなつ(鳳月杏)の和のお化粧も美しいですよね点々たまんないわ。顔立ちとしても似合うのでしょうが、やっぱりうまいんだよなあ。美しい。

料理が板についてきたと皮肉を言われる弁内侍ですが、あれは案外本当に「板についてきた」のであって、最初の最初は包丁すら握れなかった説もあるのでは?と思ったのですが、のちに「料理以外はなんでもおできになる」という正行の台詞がありますので、なんだやはりただの料理下手か……と。
思えばさくら(美園さくら)はあんまり料理が得意そうな役ってないですね。トップお披露目のときの役くらいかな。

コミカルな場面を挟んだので、次は当然シリアスな場面がやってきます。
北朝の雑兵たちを助ける正行と正儀たち。
「なんや、兄貴に指図してんのか」と正儀は言うけれども、この時点で内侍がただの生白いお姫さんでないことの萌芽は示されている。
そして公家に仕えるのが南朝の武士のあり方だから、と正行は内侍の指示としてせっかく助けた雑兵たちを殺そうとする。しかし、最終的に助けるときも「弁内侍様が御慈悲をくださった」と内侍を立てる。すごい、骨の髄まで公家に仕えている感が出ている。
ここのジンベエもいいんですよね。早口なのに何を言っているのかもきちんとわかるのもさすがだわ。
ここで歌われる楠の歌もこのあと何度も出てくるし、象徴的なんですよね。
もともと敵兵の雑兵を助けたという話は正成にもある逸話で、食べ物を分け与えてくれる農民たちも正成にお世話になったという。
正成は登場していないけれども、その器の大きさがわかる。登場するたびに正行の大きさは説得力を持っているし、本当にもうまゆぽんよ……。
ジンベエが「旦那のために働きたいから武士になる」と言い、弁内侍の護衛の任を与えられ、それを正行が死んだ後も、内侍が出家した後も続ける。感無量だわ。泣ける。これが本当の忠義ってやつだよな……。
「お姫さんの護衛は俺が!」「お前がいる方が危ない」という正儀、正時のやりとりが最高に面白いし、そのあと台詞はないけれども2人のやり取りがまたよいですね。
ある日は、正儀があ!と正時の後ろを指差し、正時が振り向き、なんでもないよ〜!とかやっているし。
かわいなあ!本当にもう!!!
正儀は派手に戦場で活躍したいと思っている一方で、この場面では雑炊を雑兵たちに配るんですよね。
優しい……自分がやりたいことはあるけれども、それとは別に兄について行く、という強い意志を感じる。

ここから楠木の実家へ舞台がまわる。
ここでちと不満なのは久子が「楠木久子」って名乗るんですよね。
だって夫婦別姓が当然の時代じゃないですか。
源頼朝北条政子足利義政日野富子。その時代の間にあるのだからね。
いや、同族で結婚した可能性もありますけれどもね。
それにしても、「楠木正成が妻、久子!」とかでも良かったような気もするのですが、ダメですかね。細かいことで申し訳ありません。
なんせ戸籍名と職場名が違うものとしては、死活問題なもので……。
正行、正時、正儀の母については詳しいことはわかっていませんが、武家に嫁いだ女としての強さはあったのでしょうね。
大河ドラマ太平記』では、ヘタをすると楠木正成よりも肝が据わっておりました。ありゃたまげたものだった。
正時が一足早く帰還して兄弟の無事を告げて百合とのスーパーラブラブタイム。
ここが甘ければ甘いほど、後の展開で受ける打撃が強くなる。しんどい。

一方もう少しで吉野に到着する正行、正儀一行は最後の休憩をとる。
内侍は歩きすぎて足にマメができ、挙げ句の果てにつぶれて歩くのがしんどそう。
正儀は水を差し出して「どう?」とだいぶライトにチャラい感じで内侍に声をかける。もうこの時点では気になっているんだよなあ。
そしてその軽いノリが許せない弁内侍(笑)。無礼者!と罵りますが、復讐に燃えていたお堅い女性ですから、さもありなん。
「バシッ!」と内侍が正儀をたたく場面はSEが入りましたが、なくても愉快な場面だと伝わるだろうと思えるのは流石の月組
そのあと丁寧に正行が内侍の足を診るときに「無礼者」と言われないのが、正儀はは不服のようですが、下心の有無がわからない内侍ではないのです(笑)。
正行に水を催促される正儀の反応も楽しくて、ある日はすんなり渡したかと思えば、ある日はぎゅっと強く掴んで渡すものか!と態度で表してみたり。
それに伴い正行も、受け取った後にっこり笑うか、睨むかが変わってきて、楽しいなあ、と。
「兄貴、そういうのは2人だけのときに言った方がええで」の台詞の前ですから、どっちとも取れますよね。おもしろい。
こういう余白っていいですよね~見た後、あれやこれやと語り合える。演者もその日によってパターンを変えられる。楽しい。
ジンベエは正行が坂東武者口調で、正儀が河内弁であることに疑問をもつ。
「無理」という語は当時ないような気もしますが、内侍に頼まれて河内弁を口にする正行には微笑ましいものを感じるし、観客へのサービスの意味もあるのでしょう。
きっと兄二人が亡くなった後の正儀は、これまでとは人が変わったように働かざるを得なくなるでしょう。
当時、家督を継ぐというのはそういうことです。
その中で、河内弁ではなく坂東武者の口調でしゃべることが多くなっていくのかもしれません。
そういう正儀を、周りはどう見るのだろう。
けれども正行の「里を焼かず、民を死なせず、国を一つにする」ためには、そうするより他にないのかもしれません。
もっとも、単純にれいこ(月城かなと)の東訛も聞いてみたい、とかそういうそういうことでは……決してない……断じてない、たぶん。
脚本にはないけれども、ジンベエが正儀に「ほな、行きまひょか」と言いながら去って行くのもおもしろい。

そしてこういうほのぼのぼ場面の後には悪い奴がやってくる。BADDYではありません、師直です。
上手に師直、下手に尊氏。ホント、ジェンヌ人生何回目?という貫禄のおだちん(風間柚乃)。八幡太郎義家公の血を継ぐ源氏の頭領。風格が違う。
連れている花一揆の華々しいことよ。こありちゃん(菜々野あり)が可愛い。ひたすらにかわいい。
私は尊氏が男色家で、一晩共に過ごした美青年たちを自分の護衛隊にしているというのを知っていて観劇しましたが、友人はそんなこととは露知らず、けれども「あれって、そういうことだよね?」となんとなく察すことができたようで。
一揆は楠木の家を尋ねるときと2回しか出てこないのに、それがちゃんとわかるような演出にしてあるのは、さすが……なくても話は進むだろうに。
それにしても、織田信長よりも前にそういう親衛隊を作っていたのは気持ち悪いですね(にっこり)。
もっとも今回は女好きの師直との対比も鮮やかだったと思います。
「女性の脂は腹の毒ぞ」という台詞が、よくもまあスミレコードを通過したと思います。
そもそも足利家はバンコラン家とならぶホモの家系だと思っているからな、私。

吉野行宮ではまさかのさちか姉さんとアキちゃんの公家装束を見ることができて眼福。
ここの、後醍醐天皇登場からの幻想場面が大好きなんですよ。
日野俊基北畠顕家楠木正成と次々と死んでいく場面。
そして超有名な「骨は南の苔に埋まっているけれども、魂はいつだって北を目指しているんだからな!」という後醍醐天皇の恨み言。
はあああああああ。なんという演出。血の猿楽舞が最高。おぞましいというか、おどろおどろしいというか。
音楽もあいまって、怖いんだ、演出が。
戦うのは嫌だけど、南朝のために亡くなった多くの人のために、戦いをやめるわけにはいかない、和睦などは考えられないという後村上天皇。父の期待はかくも重い。あと母の思いも。
阿野廉子もたんちゃん(楓ゆき)もいいんだよね~これまた。国母としてのプライド、後醍醐天皇とともにここまで落ち延びてきたという過去が彼女を強くさせる。だから和議など認められない。
北畠親房のやす(佳城葵)もいいんだよ。息子である顕家が亡くなって、もう北朝との和議なんて認められない、南朝の亡霊のようになってしまったあの姿がなんともいえない。
そう、この時点ですでに南朝は亡霊の塊であって、未来なんて見えていなくて、そりゃ圧倒的な武力の差以前の問題だろう、という気がするんですよね。
公家一統の世の中を目指すとはいえ、武士がこれほど力を持ってしまった時代に、村上・醍醐天皇平安時代のような統治はまるで望めない。それが南朝の人間には見えていないんですよね、かわいそうなことに。正行が見つけた戦う理由である「大きな流れ」が南朝にいるえらい人たちにはまるで見えていないし、見ようともしない。北朝の人間のほうがまだ見えているようにも見える。だから南朝は滅びざるを得ない。
皮肉ですよね。その流れがはっきりと見えた人間は南朝側にいるというのに。

でも、そこに生きる人にだって幸せになる権利はあるわけで。だから顕子は苦労の多かった内侍の幸せを願うわけですよ。
後村上天皇も正行に結婚をすすめるわけですよ。
ここの内侍の「はっ」という返事もかわいいですよね。料理以外は何でもでききると言わしめた内侍とはまた違う内侍なんですよ。
正儀の言葉を借りるなら「色の白いお姫さん」なわけですね。あの内侍でさえも緊張することがあるのか、と。すごい。
ここで正行はつれなく節もメロディーもつけずに和歌を詠んで、申し出を辞退する。
せっかくの和歌なんだから、せめて節つけてやれよ……と思ったけれども、むくつけきもののふだからね、無理だわ、と後から思い直しました。

ただ、猪を狩っておいしいものを食べるように、人間の幸せって本当はこういう些細なところにあるよね、決して戦場にはないねと強く思いました。
そのためには為政者にしっかりしてもらわなければならないんだよね、という怒りもあわせて。
大きな流れが見えていない為政者って、怖いし、それは今でも同じことなのかもしれません。
だから大きな流れのために戦うという正行の言葉が、本当にそれでいいの?と響いてしまう。
あなたのつむいだ先の世界は累進課税をゆるめ、消費税をあげ、貧富の格差を助長する政治家が跋扈していますけど???と思ってしまう。
正行が見た大きな流れは今でも続いていて、けれども決して正行が望んだ方向ではないだろうなと思ってしまうから。
もっとも、これも宝塚という100年以上の歴史の中にトップスターとして名前を刻んで退団するたまきち(珠城りょう)の背景を考えると納得いくところもあるんですけどね。
ところでここのぐるぐるの場面もすごいですよね。
八の字に回っている人もいれば、本当にただ円を描いているだけの人もいるようですか、2階席から見るとたまらないほど美しい。
集団行動と一言でいえばそれまでなんでしょうけれども、一人一人が歴史の歯車になっている様子がよくわかる。
「巨大な歴史の歯車の前には無にも等しい」という個人たちがあつまって歴史を紡いでいると感じられる。
当然ですが、誰一人ぶつかることなく、誰一人セリフに遅れをとることなく。

阿野廉子は言う。自分もかつては花を愛でていたけれども、後醍醐天皇がなくなってからは「春も色を失った」と。世の美しさは失われてしまった。
一方で弁内侍は一度は花など見向きもしない時期もあったけれども、「恋を知り、限りを知って、世の美しさを知った」と言い、さらには晩年の内侍は恋の相手を失った後も世の美しさを認められた。
桜が美しく咲いている様子を見て、出陣式を思い出す。このラストに出陣式をもってきたのが最高に天才だと思う演出です。
後述します。

武士なのに、和歌さえ節をつけて読まなかったのに、美しい狩衣姿で登場した正行は、弁内侍と今宵一夜と共に過ごす。
美しい。むくつけきもののふと自称しておきながら、こんなときばっかり狩衣姿なんて反則だ~!と思ったけれども、美しいからなんでもありです。
ひたすらに美しい。舞もすばらしい。圧倒的である。盆もよく回る。それもよい。うっとりする。
個人的にたまさくはあんまりささらないコンビなのですが、それでもあの平舞台になって猿楽たちが出てきた瞬間に泣いてしまった回があるくらいです。
ここのコンビのファンはこの場面、さぞお辛かろうに……。
うえくみ先生は大事な場面は平舞台にするのがマイブームなのでしょうか。『fff』のときもルイとナポレオンの場面が平舞台でしたしね。

しかしこんな甘く切なく美しい場面をぶち壊しにするのは、そう師直。必ずいい場面をつぶしてくるのが師直。そういう意味で作品のラスボス。
正行と弁内侍がいちゃついて降りていったセリで上ってくんなよ~!というツッコミは最初にもしたけれども、師直は正行と直接対決はしないんですよね。もう、なんてひどいシナリオだ(褒めています)。
正行たちが相手にするのは雑兵たち。圧倒的な数の違いのために、大将にまで行き着かない。
歴史の大きな流れが見えている正行は、それでも数の論理に負けてしまう。そもそも勝てる見込みなんて最初からなかった。
師直は高みの見物。物語としてはそれでいいのでしょうけれども、あんまりだ~!
正行と師直の直接対決とかあったら、逆に私はしらけていたと思います。
当時すでに戦の功績をバンバンあげて全国に名をとどろかせていた師直と南朝にボロ雑巾のように使い古されようとしている正行とで一騎打ちなんて、作品の進行上、ちょっと考えられない。
そのほうが華やかになる物語は確かにあるかもしれないけれども、少なくともこの作品はそれまでの流れから考えてそうはならないだろうことが読める作品だったし、そうなっていたらオイ……ってなっていた作品だとも思う。

三兄弟が戦っているときに下手で過去場面が入るのも最初に見たときは、ちょっと蛇足か?と思ったけれども、何度も見るうちにじわじわと来て、最終的には正成の台詞で泣いちゃったものなー。あ、ちづるちゃん(詩ちづる)可愛かったです。
そして宇宙人のまゆぽんに歌わせたのに、人間の役のまゆぽんを歌わせないわけがない!ここで楠木の歌を歌うまゆぽんの大きさよ!
万感の思いで、正時の刀を手に二刀流で戦う正行。この場面も最後は平舞台になり、しかも正行一人になるんですよね。
二刀流で戦う姿はさながらオスカル様のよう。
思えば、廉子が息子にひざまずいて「主上……っ!」という場面は、ルイ16世が処刑された後アントワネットが息子を前に「ルイ17世陛下……っ!」という場面と似ている。
『星逢一夜』でも、村を抜けて一緒に暮らすことを提案された泉が結局は村に残るのは子供たちの声を聞いたから。それは、さながらフェルゼンが迎えに来ても「子供達をおいて自分一人だけ逃げるわけにはいきません」と拒んだアントワネットのようだし。
うえくみ先生は最初に見た宝塚作品が『ベルばら』だったようですが、その影響か『ベルばら』が息づいているなと思う場面はいくつかありますね。
それもまた長く続いてきたからでしょうし、今後、うえくみ作品がそういう本歌取りの本歌になっていくのが楽しみです。

そして冒頭に戻る。回想話から40年後の場面。
兄の最期の言葉をようやく伝えることができたという正儀。やはり内侍のこと、好きだったんじゃないか~!と思わせてくれる。にやり。
れいことるうさんが地続きになっているのが演技でわかるのがすごい。ちゃんとれいこの正儀が年をとったらるうさんの正儀になるって思える。
そして年をとったジンベエも登場。自分の命の最期まで正行からもらった最初で最後の任務を全うしようとしている。泣ける。
副組長(夏月都)の内侍も「あの方が何のために生き、死んだのか、もう自らに問うことはいたしません」という潔さは、さくらの内侍と通ずるものがありますよね。いや、本当にすごいし、この場面で「そうだったのか!」と新鮮な感想をもつ人とぜひ一緒に観劇したい。

さて、ラスト。
これが反則なんだよ。天国エンドができない以上、どうやってカタをつけるのかな、と思っていたし、今宵一夜の場面のあと大きな音が鳴って一気に四條畷の合戦になって、おいー!出陣式はどこいったー!?と思ったいたので、ラストにこの場面になったときは、そうきたかー!!!と目玉が三つくらい落ちそうになった。二つしかないのに。
出陣式といっても、勝ち目のない戦いに出るわけで、気持ちとしてはそんなに華々しいはずがないのですが、とにかく画面が華やかであることに助けられるし、これぞ宝塚!って感じがするのがまたイイ!
その列に大田父子がいないことがまた私を泣かせる! 行宮に戦勝報告に行ったときにはいたのに! もうやってやんないよ>< これが現実かよ!
後村上天皇の「戻れよ」が蛇足だという人もいますし、私も最初はそう思ったのですが、今ではその場面でも号泣する始末です。
戻らないかもしれない人間に、負けるくらいなら戻ってくるなという人間に、それでも後村上天皇は「戻れよ」という。
それに対して正行は答えない。正時が百合に「必ず生きてください」と言われたとき同様に答えないし、答えられない。
その代わりに「咲け咲け咲け咲け~♪」と主題歌が入る。反則すぎるだろ。しかも歌詞の最後は「咲きて散れ~♪」だよ? あんまりじゃない??? 本当にひどいシナリオだよ……!(褒めてます)
よかった、本当によかった。ありがとう。うえくみ先生。

ところで今回の『ル・サンク』に掲載されているは、ものすごい量のルビでしたね……固有名詞もさることながら、そこにもルビがと思うところもあり、うえくみ先生の稽古に辞書が必要だという話に納得しました。
ありがとうございました。
ご縁があればまた東京で見たいけれども、どうかな。難しいかな。