ゆきこの部屋

宝塚やミュージカル、古典文学など好きなものについて語るところ。

花組『DANCE OLYMPIA』感想

花組

Grand Festival『DANCE OLYMPIA』-Welcome to 2020-
作・演出/稲葉 太地
公式ホームページはこちら。

kageki.hankyu.co.jp

アキレウス
えっ、一幕でアキレウスは終わっちゃうのー!?と思うくらい、楽しかったです。
時空間が違うので、言葉が通じず、マサヨシが得意な心の声が多様されてしましたね。
それにしても、肺が心配になるくらいよく踊っていました。
本当に、いつ息しているの? ねえ、大丈夫? 水分補給してええええと思うくらい、踊って踊って踊りまくっていましたね。
はあ、最高だよ、これ。みんな、すばらしいよ。ありがとう。
ベンチの場面における、れいちゃん(柚香光)と華ちゃん(華優希)のデュエットダンスのレベルの高さといったら!
ブルーのドレスの華ちゃんは、かわいくて、キュートで、きれいで、美しい。
すばらしいな。どれも堪能できるってすごいな。
れいちゃんはもともとダンスの人!という印象があるけれども、お芝居も丁寧な人だと思っているし、華ちゃんもお芝居に奥行きのある人だから、ダンスだけでこれほどまでに魅せられたら、もう本当にお芝居はどうなるのー!?と楽しみのあまり、叫びだしたくなる。
ゆうなみくん(優波慧)とうららちゃん(春妃うらら)のデュエットダンスもすごくよかった。
トップの二人でないけれども、拍手がはいって当然と思えるレベルだったよ。
そう考えると、大劇場のお披露目が再演っていうのは、ちょっともったいなかったかなあ……まあ、言っても詮無き事ですが、
華ちゃんは元月組トップスターのよしこ(麻乃佳世)みたいなところがあるなと思いました。
具体的にどこがというのは難しいのですが、なんていうか雰囲気?

冒頭のれいちゃんの白マント、素敵だったわよね、みなさん……あのマント、すぐに階段に落としてしまって本当にもったいないと思ったんだけど、だめかな。
動きにくいのわかるのだが、もう少しあの場面をおがんでいたかった。
そう、あの場面の舞台写真が欲しい。
もちろんマントを落とした後の甲冑姿も素敵だったけれどもね。
マント姿のビジュアルが最高に好みだった。最初からクライマックスだった。

れいちゃん、まいてぃ(水美舞斗)、ひとこ(永久輝せあ)、あすか(聖乃あすか)の並びは新しいF4なのか?とうっかり勘違いするほどでした。
カラーパーカーも良かったです^^
ただ、れいちゃんの白いだぼだぼのお洋服は、ちょっと好みと外れてしまった……。
ああいうお洋服はもともとダンサーの人から発祥したと聞いたのですが、あんな足のラインが見えないのに、どうしてダンサーが愛用するのか。
踊らないわたしにはわからないのですが。

もとの時代に戻ったアキレウス
ダンスって、楽しいじゃん!という感覚がまだ残っていて、ひたすらに踊り狂う。
一人しかいないけれども、体が躍る楽しさを覚えている。
こういう個人の思い出に寄り添った記憶っていいよな、と思っています。
ついでに、もとに戻ったギリシャの世界で、弓や槍を手にするのではなく、ダンスで戦しようぜ!みたいになったら、おもしろかったのかもしれないけれども、それはまた別の話。現代風刺になったかなとは思うけれども。
敵が武器を持って目の前に迫っているときに「ダンスで対決しようぜ!」とはなかなか言えなかろう。
そういうのはルードヴィヒ二世に任せておけばよい。
ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画は最高だよ。超絶長いですが。

www.amazon.co.jp

●新しいF4!
上にも書きましたが、れいちゃん、まいてぃ、ひとこ、あすかの並びはもうなんていうか本当に新しいF4でしたわ。
F4よりもいいのではないか???(私はあんまり道明寺が好きではないw)
まいてぃはとにかくガタイのいいヒロイン!って感じで、ドレス姿には驚いたよ。
そう、まいてぃはヒロインだったのか……と。赤いドレス~!FOOOOO!
花組にはかつてヤンミキというコンビがあってだな、といにしえのヅカオタは語りだしそうだよ。
素敵なコンビです。ありがとうございます。
筋肉の付き方も男のようである。すばらしい。新型ヒロインですな。
ヅカ界のミニーちゃん!(ただし、ごついw)

ひとこちゃんはその美しいおみ足を雪組時代にはどこに隠していたの……。
あし・足・脚・レッグ……すんばらしいですね~~~!!!
その迫力を一体どこに隠していたの……。赤と緑のお衣装が刺激的でした。
これはすばらしいサロメだったのですよー!><
すごい肉食のサロメだった。そうだよ、そう。サロメはこうでなくっちゃ!
ビアズリ―のサロメを思い出しました。好き。
足先だけを交差させてヨカナーンに迫るサロメ。はあああ、ため息しかでない。
ひとこサロメに迫られるヨカナーンのあすかも最高でした。
食べられてしまいそうだね、ヨカナーン。はあ、ぼうっとしてしまう。
あの場面だけでもBD買う価値があるよっていう話です。
みんながサロメサロメいう、すごくよくわかりました。
ありがとうございました!!!

●下級生のあれこれ
ライブ中継は画面がなんとなくいつもよりも暗い感じがしましたが、東京国際フォーラムのライブ中継はあんなものなのですかね。
別箱こそ見に行かなければならないのかと思ってしまった。お金ないよ~!
おかげで一幕はあんまり下級生を見つけることができなかったのですが、ショートカットのブルードレスのお嬢さん、見つけましたよ。みくりん(三空凛花)かわいいー!
花より男子』のときに発見した娘役さんなのですが、超絶ベリーキュートでした。
あのショートカットはすごい。あーちゃん(綺咲愛里)の『エストレージャス』のセクシーショートカットを連想させる。
ちなみにあの鬘がすごい!という記事はこちらにあります。必見。

zuka-to-kami.hateblo.jp

あと、一幕で見つけられたのはゆゆちゃん(二葉ゆゆ)。『恋アリ』のときに見つけた子です。
ダンスオーディションのときにキレッキレのダンスをしておりましたね。
お衣装は『食聖』のエクリプスのメンバーが着ていたものかしら?
とにかくかわいさ満点でした。

らいとくん(希波らいと)は二幕で大太鼓を叩いていましたね。ソロもあったのでわかったのですが、一幕では目が足りなかった。
二幕の初めに大太鼓でてきたときにはびっくりしましたけどね。
え、今から客席参加型のダンスするんじゃないの? 太鼓たたくの?って。
まあ、太鼓の準備をするのは幕間しかないだろうなあとも思いましたし、タオルを腰に下げていることに気が付いたときには、ここからやるんだな!と思えたからいいのですが。びっくりぽんた。

みさこちゃん(美里玲菜)も2幕ではいっぱい見つけれてよかったです。かわいい。
ここちゃん(都姫ここ)もなんとか見つけられました! 期待の娘役ですよね。
やっぱり生で行きたかったよ><

ラストのお衣装はレモンイエローでしたが、花組だし、ピンクでもいいかなと思いました。
赤いお衣装の場面と被るからダメなのかな。
せっかく花組メドレーだったので、ちょっとそんなこともおもいました。
みんなかわいいからいいんだけどね!

あわちゃん(美羽愛)がいないのが寂しかったよー><
『マスカレード・ホテル』でもきっと頑張っているのだろうなー。花組は下級生がたくさんわかって、楽しいです。
見に行けないのはとても残念ですが……。

新生花組、素敵なスタートが切れましたね。これであきらチームが加わると楽しみです。応援しています!